« 「にしはら」 大阪・谷町3丁目・鰻屋 | メイン | 「祇園 ろはん」 京都・祇園・日本料理 »

2015年2月13日

「唐菜房 大元」 大阪・西天満・中華料理


久しぶりの訪問だ。

カウンターに腰を下ろし、料理長の国安さんと話すと、
なんどか気分が高ぶる。

この日も
「ご無沙汰してます。お互い、大きくなりました?」
などと言葉を交わす。



ここでの昼ごはんは、葱油麺か海南鶏飯を選ぶことが多いが、
この日は香港海老雲呑麺(限定10食)にした。


15021318.jpg

やってきました。

なんと巨大な海老雲呑。

迫力あり、歯ごたえ十分。
プリプリから歯を入れると、弾力ある噛み具合。

海老のエキスが、口のなかで暴れるのだ。


その余韻を楽しみながらスープを飲む。


黄ニラを食べる。

一口ごとの濃度、味わいなどが微妙に変化する。

圧巻は中華麺。

細めでありながらハリとコシはある。

スープの味わいをたっぷり感じながら、すする。

麺の粉の味わいが、スープのうま味と一体になってゆく。

この麺の実力を知らされたのだ。


麺好きには、このメニューを選んでよかったと実感。



15021321.jpg





締めはマンゴープリン。
15021322.jpg



国安さんのパフォーマンス、昼から楽しんのであった。





「唐菜房 大元」
大阪市北区西天満4丁目5-4
06-6361-8882

投稿者 geode : 2015年2月13日 10:11