« 「イル ルォーゴ ディ タケウチ」 大阪・福島・イタリア料理 | メイン | 「千ひろ」 京都・祇園・日本料理 »

2015年2月 4日

「老虎菜 オーキッドコート店」 神戸・東灘・中国料理


いま、人気の中国料理店「老虎菜」のオーキッドコート店。

男性11名でテーブルを囲んだ。

中国料理を徹底的に食べようという企み、第一弾。


そこで最初に登場したのが、仔豚の丸焼き。

15020404.jpg

ドンと来たとき「おお、最初からこうくるのか!」と。

この焼き色に姿。
盛り上がること間違いなし。




ネギと味噌を中華パンに挟んでかぶりつく。
15020400.jpg


15020401.jpg

皮のパリっとした歯ごたえ、
それに続く脂分と甘味で気持ちは高まること。





牡蠣のあまから炒め。
15020407.jpg

甘さと牡蠣の苦味、コクが弾ける。




牛しゃぶのスープ。
15020410.jpg

結構攻めの料理が続く。

食べるスピードがどんどん早くなる。




続くのが白菜のスープ。
15020413.jpg

このコントラストが面白い。





で、フカヒレのステーキ。
15020415.jpg

視覚的にも胃袋を刺激する。

カリッとした香ばしさが、
これまでのフカヒレと異なる感動。





取り分けるとこんな感じ。
15020416.jpg




揚げ豆腐に、皮付き豚バラ、海老味噌。
15020418.jpg

これはやみつき要素満載の味わい。




皮付きの豚バラをくちゃくちゃ噛むのが楽しい。
15020420.jpg




福建風のあんかけ炒飯。
15020422.jpg




仔豚の辛い煮込み。
15020424.jpg

テンションは上がりっぱなし。





トマトとクレソンのスープ。
15020425.jpg

これですっきり。



スープが3回登場だが、それぞれの役割を見事に果たしている。




デザート。
15020426.jpg






「老虎菜 オーキッドコート店」
神戸市東灘区西岡本2-7-3オーキッドコート右峯館 1F
078-451-0215

投稿者 geode : 2015年2月 4日 10:26