« 「神戸元町別館牡丹園」 神戸・元町・中華料理 | メイン | 「ピッツェリア マリータ」 京都・堺町錦・ピッツェリア »

2015年1月 7日

「くいしんぼー山中」 京都・桂・ステーキ


この近江牛の小豆色には惚れ込んだ。


15010733.jpg


数カ月前から、この日を待ちわびていた。

もっといえば、10年も以上前のこと。

タンシチューを食べ、
これがタンシチューの醍醐味なのかと実感。




以来、「くいしんぼー山中」を訪れるたびに
「タンシチューは?」と聞いていたのだが、
幻のまま10年間が過ぎた。



「いつでも作れますが、
 みなさんタンをサッと焼いて召し上がるので、
 なかなか煮込み用に取っておけないのです」
と山中さん。

タンは根本のほうは圧倒的に柔らかくうま味も強い。




「時間をいただければお作りいたします」ということで、

年末某日、念願のタンシチューとの再会となった。



15010740.jpg

艷やかな色合い。
色っぽい。
ソースの茶褐色も申し分ない。

ナイフで切り、フォークで口に運ぶ。
期待と不安が合体。


一口目、ソースの甘味が拡がる。

そしてタンが舌に吸い付くように感じた。

瞬間にその吸引力は解け、
甘味と香りとコクに変わっていった。


歯を入れると同時にタンの繊維がほどけ、
そのエキスが舌と歯を覆い尽くしてゆく。
いわば跳躍と停止が繰り返しているような感じであった。


隣の同好の士と「こんなタンシチューは・・」
と言った切り言葉が続かなった。

三枚をペロリと平らげ、
もう一枚お替わりをしてしまったのだ。

想像はしていたものの、この味わい。
早速その時点で来年末のこの宴の予約をしてしまった。





お決まりのジャガイモとバター。
15010736.jpg




ローストビーフ。
15010738.jpg

これも何年か前に食べて驚いた記憶がある。




フィレとロース。
15010741.jpg




コンソメも外せない。
15010748.jpg




ステーキもいくらでも食べられそうだ。
15010753.jpg




15010755.jpg

ハンバーグは当然のことながら・・。




これがガーリックライスに使う切り落とし。
15010759.jpg




そのガーリックライス。
15010761.jpg




デザートとコーヒー。
15010764.jpg

15010765.jpg




さて次回はいつになるのやら・・。




15010744.jpg




「くいしんぼー山中」
京都市西京区御陵溝浦町26-26
075-392-3745

投稿者 geode : 2015年1月 7日 10:31