« 「東洋軒」 東京・赤坂見附・洋食 | メイン | 「HIROFUMI FUJITA COFFEE」 大阪・玉造・コーヒー専門店 »

2014年11月26日

「の弥七」 東京・四谷三丁目・中華料理店


東京の知人が「いま注目を集めている店」と
教えてくれた四谷3丁目の中華料理店「の弥七」に、
その知人を含め男性4名の会食であった。

外観はまるで割烹、
なんと中に入ってもその印象は変わらない。

「中華料理店なのですが、日本の食材を使ったりして、
趣は和食に近いとこともあります」との説明であった。

その解説は極めて明快で、
この「の弥七」の個性を見事に言い表わしていた。





梨と腸詰め。
14112633.jpg

これはインパクトありだ。





焼き胡麻豆腐。
14112637.jpg

これも驚き。





カラスミ餅にはうっとり。
14112638.jpg




白いかとうに。
14112642.jpg

老酒漬けだ。





ナスのからいり。
14112643.jpg

辛さが風味となり、ナスが旨いこと!





氷見のぶり。
14112645.jpg

脂はのっているがさっぱりだ。





しめ鯖の燻製と栗のかき揚げ。
14112650.jpg

燻製の香りが胃袋くすぐる。





黒酢の酢豚。
14112653.jpg

シンプルイズベスト。





蒸しパンにはさんでたべる。
14112657.jpg

蒸しパンと黒酢だけでもうまい。





冷たいミントティで
14112658.jpg

口直し。





麻婆豆腐。
14112661.jpg
辛みとうま味のコンビネーションが見事。

赤こんにゃくの食感が面白い。





杏仁豆腐。
14112662.jpg

きちんと中華だが、
やはり和のテイストはそこはかなく漂っていた。

店名の「の弥七」は
ご主人の父君が「風車」という店名の中華料理店を経営されていて、
だったら「の弥七」ということになったというのだ。





「の弥七」
東京都新宿区荒木町8木村ビル 1F
03-3226-7055

投稿者 geode : 2014年11月26日 10:07