« 「ポワン」 大阪・福島・フランス料理 | メイン | 「Fujiya1935」 大阪・本町・スペイン料理 »

2014年11月 5日

「喜鳥」 京都・祇園・中国料理


祇園でレセプションがあった。

その日のレセプションは大勢の人が集まり、
レストランではライブも繰り広げられ、
また祇園のお姉さん方の姿も目立つ景気のよいものであった。
知り合いにも顔を合わし、お互いに情報交換もできた。

レセプション会場でも軽くつまんだのだが、
「久しぶりに『喜鳥』でも」ということで訪れた。
実際は、ここの黒酢の酢豚が食べたかったのだ。
それぐらいにあの酢豚はインパクトがある。
4種類のビネガーを混ぜた味わいは
それほど酸味ががっつりとではないが、印象に残る。

2階の座敷。
テーブルと椅子というスタイル。
これは現代人にとってありがたい。





前菜盛り合わせが届いた。



9つの前菜。
14110592.jpg


美しい。
それぞれ中華を代表する献立。
なんだか気分が高揚する。





鶏の唐揚げ。
14110595.jpg

凍頂烏龍茶の粉末を混ぜた塩で食べる。

この頃、鶏の唐揚げがどんどん好きになってゆく。





各種野菜やキノコの炒めもの。
14110598.jpg

脂のキレがいいのか、炒めものなのに、
口当たりがかなりすっきりしている。





そしてお目当ての酢豚だ。
14110500.jpg

自然と微笑みがこぼれる。
黒酢と各種ビネガーの面白いほど愉しい出会いに
豚が喜んでいるようにも感じる。
その嬉しさが食べてにストレートに伝わるのだ。





五目炒飯。
14110503.jpg

このパラリ具合が素晴らしい。
米粒がホントに一粒ひとつぶという感じでほぐれている。




14110504.jpg

あっという間に食べてしまった。





追加の麺も香辛料がよく効いていた。
14110507.jpg




祇園にある中華料理店「喜鶏」は、
僕にとって懐かしさを呼び起こす店なのである。





「喜鳥」
京都市東山区祇園町南側572-9
075-525-1203

投稿者 geode : 2014年11月 5日 10:02