« 「ラ・ボンヌターブル」 東京・日本橋・フランス料理 | メイン | 「タベルナ デッレ・トレ・ルマーケ」 大阪・西天満・イタリア料理 »

2014年9月 8日

「Pascade(パスカード)」 フランス・パリ・クレープ


6月に訪れたパリの情報。

カジュアルなクレープ店。

昨年末に開店した「Pascade」。



14090823.jpg

ここはノルマンディ地方の港町・オンフルールにある
ミシュラン2つ星レストラン「Sa.Qua.Na」が
パリ・オペラ座の近くに出店した。




「Pascade」とはオーベルニュ地方のクレープのこと。



オーベルニュの食堂という意味で、
非常にリラックスした雰囲気が素晴らしい。



テーブルには3つの穴があり、
そこにはメニューやカトラリーが差し込んである。
そこからメニューを取り出しオーダーを決めてゆく。




まずシャルキュトリーが置かれる。
14090805.jpg

ハムやソーセージなど加工品。
ねっとりと香り高き味わい。




しっかりしたバゲット。
14090806.jpg



ここのパスカードは、まるで器のように
周辺が丸く盛り上がり高さがある。

ちぎって食べられるようにもなっており、
またやや甘めの生地というのが特徴。



それぞれ気になるパスカードを頼む。




サーモンがメイン。
14090808.jpg

そこにもダークチェリーが入る。
ハーブも加わり、香りも楽しめる。




まと鯛は下にアジやクスクスなどが入る。
14090810.jpg

どこか懐かしい味わい。




キュウリと貝が主となったのも。
14090812.jpg




まさに野菜を食べるパスカードも。
14090814.jpg




チーズや野菜というサラダスタイル。
14090816.jpg

甘めの生地との相性が見事。




デザートもこのスタイル。
14090819.jpg




最後のデザートもこのように可愛い。
14090820.jpg

気軽にまさに食堂感覚で食べるにはおすすめ。




「Pascade」
14 rue Daunou 75002 Paris
01 42 60 11 00
http://pascade-alexandre-bourdas.com

投稿者 geode : 2014年9月 8日 10:55