« 「新太呂」 大阪・西天満・天ぷら | メイン | 夏休み »

2014年8月12日

「ごだん宮ざわ」 京都・東洞院万寿通・日本料理


この7月14日、「じき宮ざわ」が新たな暖簾をかかげた。

東洞院万寿通上ルの「ごだん宮ざわ」である。



14081267.jpg

入口横に個室一つあり。

奥にすっきり伸びたカウンター。




帆立に入れらた包丁目が細やか。
14081245.jpg

口に含んだときの崩れ方がやわらかい。
ずいきにトマトのジュレがかかる。
適度な酸味がうれしい。




お椀は鱧のくずたたきに蓮根饅頭だ。
14081247.jpg

前夜「最近鱧のくずたたきが出るところ少なくなったね」
と話していたところであったので、
その仕事振りが印象的であった。

蓮根饅頭のねっとりした感じもいいな。




造りは鯛。
14081250.jpg

一日寝かしてあるということ。
うま味が乗っていた。

この季節の鯛は難しいが、これは見事。




焼きとうもろこし豆腐。
14081252.jpg

「じき宮ざわ」のやき胡麻豆腐とは趣向がちがう。

中はかなり熱いが
ふわっとした歯ざわりと甘みは興味深い。




十割蕎麦にからすみがけ。
14081255.jpg

からすみのうま味と蕎麦の相性よし。




加茂茄子と冬瓜、万願寺唐辛子の小鍋仕立て。
14081257.jpg

やはり加茂茄子が美味。
万願寺の香りも効いている。




土鍋で炊いたご飯の炊き上がったところ。
14081258.jpg

水分は少し多め。




香の物もしっかりあり。
14081259.jpg




ご飯は蒸らしが終わり、食べごろである。
14081260.jpg





メロン、スイカ、マスカットに白ワインジュレ。
14081261.jpg

爽やかなデザート。




氷の器に入ったくずきり。
14081263.jpg

目から涼を楽しむ趣向である。




抹茶をいただく。
14081265.jpg

流れるようなコースの組み立て。




宮沢さんは、当分
この店のカウンターに立たれるということ。

14081266.jpg





「ごだん 宮ざわ」
京都市下京区東洞院通万寿寺上ル大江町557
075-708-6364

投稿者 geode : 2014年8月12日 11:08