« 「燕 en」 京都・八条口・日本料理 | メイン | 「ピッツア メルカート」 京都・梅小路・ピッツェリア »

2014年7月22日

「ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野」 神戸・北野・フランス料理

昨年再開店した神戸・北野のフランス料理店に向かう。

男性12名の会食である。


14072219.jpg


料理のテーマは「初夏と兵庫」。





食前のお楽しみ。
14072221.jpg

真ん中がアオリイカのタルタル ガスパチョのムース





左が鱧のフリット
14072223.jpg




右が塩サブレ ローズマリーとパルメザンチーズ
14072222.jpg




バターは無塩とカルピスの醗酵バター
14072224.jpg




コンソメでポッシェしたフォアグラ
アニスの香る巨峰のコンポート
14072229.jpg

韮のクーリー、神戸ワインとポルト酒のレデュクション。

このフォアグラも火入れがギリギリ。
半分生かと思ってしまうぐらい。

これまでのフォアグラとは確実に異なる味わい。





鰯のガレット
アンチョビクリームとバルサミコヴィネグレット
14072231.jpg

サクッという食感のあとには
ラタトゥイユと鰯の味わいがぐっと響く。





淡路産天然鮑と冬瓜の柔らか煮のコンソメ仕立て
自家製おこげを添えて
14072235.jpg



14072236.jpg

鮑の柔らかな歯ごたえと香り。
コンソメが入ることで味わいに膨らみ。





淡路島の一本釣り鱸
14072239.jpg

明石産たこ入りブールブラン。

瀬戸内の鱸とたこ。
まさに夏を感じさせる料理である。





ノワール・ド・ビゴール背肉のロティ 
14072240.jpg

豚足入りブーダン、ジロール茸と薩摩芋のフリカッセ
枝豆のピュレを添えて。

これもまた絶妙の火入れ加減。
しっとりとした味わいに付け合せが変わることで変化が訪れる。





ライチのジュレとグレープフルーツ
ハイビスカスのソルベ
14072242.jpg

これまでの思いをリセットする味わいだ。





ジャスミン風味のクレームショコラ
塩ヴァニラのソルベ
14072243.jpg

しっかりしたショコラやオレンジのテイストを楽しむ。





エスプレッソで締める。
14072246.jpg




ギモーブ
14072247.jpg

グレープフルーツの抹茶。





マカロンなど小菓子。
14072248.jpg

ゆったりした時間の流れを楽しんだディナー。

再開店以来、まもなく一年を迎える。
確実に素敵なペースを持ち始めているのを実感。





「ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野」
神戸市中央区北野町4-8-1グラシアニ邸
078-200-6031

投稿者 geode : 2014年7月22日 10:35