« 「煉瓦亭」 東京・銀座・洋食 | メイン | 「コアラ食堂」 大阪・中崎町・鉄板焼き »

2014年7月15日

「蓮香」 京都・新門前・中国料理

京都 新門前 道具屋の多い通り。

今春まで「婆娑羅」という中華料理店があった。

東福寺界隈に移転し、元気だと聞く。
近日中にいかなければと思っている。

そのあと7月14日に開店したのが「蓮香」という中華料理店。

14071522.jpg

前は四川ベースの創作出会ったが、
今回は広東料理である。


中に入ると佇まいはほとんど変わらず。

辻村史朗さんの「旬」の書が飾ってある。
14071524.jpg

迫力ある作品だ。

カウンターもそのまま。




まず北京ダック。
14071527.jpg

その姿を見せられる。

食欲をそそりますね。




14071529.jpg

手際よくさばいてゆく姿も見事。

器は岸野寛さんの作品。




北京ダックの完成。
14071532.jpg

皮も粘りあり、甘酢がいい感じ。

「パッションフルーツやビネガーなどが入ります」と。

この酸味とダックが絶妙の取り合わせ。





調理される甘鯛。
14071534.jpg




14071538.jpg

右は豆腐のスパイス揚げ。香ばしさがいい。

左はトマトに詰めた蒸しどり。





上湯スープ。
14071539.jpg

コクもあるが極めて上品だ。




14071542.jpg

中を開けるとフカヒレ、絹笠だけ、
金華ハムが詰まっている。

これが上湯に溶け込み味わいが変化する。





ミル貝のXO醤炒め。
14071543.jpg

ミル貝の旨みとXO醤のコクが合体。
良い味わい。





帆立の揚げ物。
14071547.jpg

ソースは塩卵。
このコンビネーションが見事な調和を生み出し、
忘れがたい一品となった。





そして甘鯛の蒸し物。
14071548.jpg

鶏油とピーナッツ油がかかる。

ネギの香りも立ちのぼる。




甘鯛の味わいもしっかり。
14071551.jpg

こういった料理にはパクチーが強い味方だ。





つるむらさきの腐乳炒め。
14071552.jpg

まろやかながら腐乳の個性も適度に刺激を与える。





和牛、チャーシュー、フォアグラの焼き物。
14071555.jpg

これは間違いなしの味わい。





ついおかわり。
14071558.jpg

添えられたクレソンのサラダの香味がいい。





帆立貝柱と卵白の炒飯。
14071559.jpg

米は長粒種。
やはり香りが違う。




14071561.jpg

上湯をかけるとまた違った感じに・・。





杏仁豆腐.
14071563.jpg

下にザクロのソースが。





鉄観音とプアール茶のブレンド。
14071565.jpg




流れも組み立ても素敵、
かつ爽やかな食後感であった。




14071523.jpg





「蓮香」
京都市東山区新門前通大和大路東入西之町232
075-204-5340

投稿者 geode : 2014年7月15日 11:01