« 「ビストロセプト 本店」 京都・三条室町・フランス料理 | メイン | 「ZEN CAFE + Kagizen Gift Shop」 京都・祇園・カフェ »

2014年6月 6日

「センプリチェ」 京都・中書島・イタリア料理


京都・中書島のイタリアン「センプリチェ」。
この3月で開店一周年を迎えた、注目の一軒である。

カウンターで5名の食事。

スタートはグリーンアスパラガスのスープ 鶏のペースト。
14060627.jpg

青味を生かした味わいに、鶏が旨みをプラス。
心地のよい始まりだ。




続くは、北海道産モッツァレラとメロン、ライムのゼリー。
14060630.jpg

チーズのコクとメロンの甘味、ライムの酸味。
ギリギリのバランス確保。




このように引き出しを開けると
右から順番に用意されているカトラリーを使うことになっている。
14060631.jpg




ビオ・トジーニの生ハムとアジ。
14060633.jpg

アジは1日熟成で旨み強化。
生ハムの塩分で味を調整。
生ハムには赤ワインビネガーが少し塗ってある。




本日のサラダ スナップエンドウクリーム 
ドライトマトのソルベ 青柚子の香り。
14060636.jpg

このサラダが毎月傑作である。
クリームとソルベを混ぜあわせる事で
ドレッシングの役割を果たす。
野菜ひとつひとつの味わいを際立たせ、
サラダを食べる喜びを生み出しているのだ。




自家製のパン。
14060639.jpg




空豆を詰めたファゴッティーニ 
熊本県産馬肉のクリームとミモレット。
14060640.jpg

空豆の香りが弾ける 第一のパスタ。
中に具材を包みこむタイプだ。




魚料理は
カツオのロースト 葱とリコッタチーズ、アーモンド。
14060643.jpg

カツオは歯を入れると燻製の香りが強くなる。
リコッタチーズの旨みもよく合う。
葱の甘みは強烈なインパクト。




スズキとほんのりバジルの香るピュレで和えたタリオリーニ 
季節の葉野菜と生ハム添え。
14060645.jpg

これもかなり塩分抑えめだが、生ハムの塩味やピュレの香りで
じつに優れた塩梅を作り上げるのだ。




サザエと淡竹、熟成煮豚のカヴァテッリ スープ仕立て。
14060648.jpg

スープに移されたキュウリの味と香りが
今でも忘れられない。
カヴァテッリも印象的である。




肉料理は熊本県産 天草天龍鶏のロースト
フロマージュブランのクリーム添え。
14060652.jpg

しっとりとした火入れされた天龍鶏の味わいは優しく、
身体に嬉しい感じがした。
フロマージュブランも効いている。




ウニと万願寺唐辛子の一口リゾット。
14060653.jpg

このリゾットで終了のサインである。




デザートは、
ビワ、エルダーフラワーのジェラート、
蜂蜜レモンのソルベ カンパーニュのカリカリ添え。
14060657.jpg

蜂蜜レモンの甘味がいい。
食感の差異も面白い。
エルダーフラワーのジェラートは初体験。




こちらは定番のキャラメルジェラートと
濃厚ねっとりプリン。
14060659.jpg




エスプレッソを。
14060661.jpg




小菓子。
14060662.jpg

柔らかなメレンゲと生チョコ。
楽しみにあふれた食事であった。




西山シェフの塩の使い方からコースの組み立て、
素材の合わせ方など素晴らしい。




「センプリチェ」
京都市伏見区表町582-1
075-605-4166

投稿者 geode : 2014年6月 6日 10:02