« 「鮨 まつもと」 京都・祇園・寿司 | メイン | 「草喰 なかひがし」 京都・銀閣寺・日本料理 »

2014年6月 2日

「七八」 京都・東山二条・日本料理

知り合いのお医者さんご夫妻に誘わて訪れた割烹店。

東山二条。
かつてすぐ側の予備校(現在は専門学校)
に通った思い出もあるところ。

また、今はは岩倉に移った「エヴァンタイユ」という
フランス料理店があったところでもある。

「七八」という店名が面白いと思って尋ねてみると
「番地なんです。以前の方もこの名前でした」とのこと。


アスパラガス、帆立、トマトに黄身酢。
14060159.jpg

甘味と酸味のバランスでスタート。




椀物は油目と椎茸。
14060160.jpg

脂ののった油目の旨みが
どんどん出汁に溶けこんでゆくのは素晴らしい。




造りは明石の鯛、津居山のアジ、串本のケンケン鰹。
14060163.jpg

ケンケン鰹の味わいの濃厚なこと。




北海道の時しらず。
14060167.jpg

時期を間違ったといわれる鮭。
これも脂がしっかりあって美味である。
ちょいとすだちを絞ると、その酸味でまたうれしくなる。




賀茂茄子の湯葉あんかけ。
14060168.jpg

歯ごたえのある賀茂茄子に、
湯葉のとろみとコクがピタッと寄り添う。




丹波の白ばい貝に岩もずく。
14060171.jpg

このもずくの存在感がすごい。




新小芋と穴子の炊合せ。
14060172.jpg

このなにげない一品の柔らかな味わいが素敵だ。




締めは豆ご飯。
14060173.jpg

赤出汁の豆腐は「賀茂とうふ 近喜」のとか。




おこげをおかわり。
14060174.jpg




まさに水物。
14060175.jpg

キウイとオレンジ。




とてもおだやかで安定感のある料理であった。

食べながら、いろいろな食物の話で盛り上がり、
愉しい時間であった。

14060176.jpg




「七八」
京都市左京区岡崎徳成町7-8
075-771-7168

投稿者 geode : 2014年6月 2日 10:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://180.222.81.174/cmt/mt-tb.cgi/586