« 「ユーハイム 神戸元町本店」 神戸・元町・スイーツ | メイン | トップシェフたちの饗宴! 「祇園さゝ木」×「パティシエ エス コヤマ」 »

2014年3月28日

「このは」 大阪・肥後橋・日本料理


大阪・肥後橋の「このは」。

先附は、飯ダコ、菜の花、酢味噌につくし。
14032834.jpg

まさに春を告げる一皿。




椀物は、筍と若芽。
14032837.jpg

これも春の訪れである。

筍は貝塚の木積産。
京都のとは異なり、あくがかなり少ない。
柔らかな甘みがいい。




造りは、ヒラメにヨコワ。
14032838.jpg

芽甘草が付く。
ヒラメは薄口醤油。
ヨコワは濃口醤油。
ヒラメのコクも見事である。




金目鯛の煮付け。
14032841.jpg

金目鯛の脂分とだしの融合が
食道と胃袋にインパクトを与えてくれる。




八寸は、鯛の子、うすい豆の卵焼き、
ホタルイカ、ぜんまいの胡麻和え。
14032843.jpg

卵焼きの色合いに目を奪われ、ホタルイカの旨みに驚く。




花わさび、わらび、ホタルイカを鯛の白子和え。
14032847.jpg

これはお酒を呼ぶ味わい。




天ぷらは、アスパラガスに卵。
14032848.jpg




卵は半熟状態。
jpg

これもソース替りになる。




そら豆とタラの芽も天ぷら。
14032852.jpg

春が弾ける一品。




なんと、吉田牧場のカチョカバロの天ぷら。
14032854.jpg

そこに醤油を塗り、海苔で包むのだ。
カチョカバロの旨みが増幅されている。




締めは天バラ丼。
14032855.jpg




小柱などが入り、その脂分と御飯を混ぜあわせる丼。
14032858.jpg

関西ではあまり出会うことがないのだが、美味である。




おかわりはお茶漬け。
14032859.jpg




和菓子とお薄。
14032860.jpg

14032863.jpg




しっかり春を満喫した。




「このは」
大阪府大阪市西区土佐堀1-1-14RIO土佐堀 1F
06-6445-0058

投稿者 geode : 2014年3月28日 10:38