« 「熟成肉と本格炭火焼肉 又三郎」 大阪・長居・焼肉  | メイン | 「婆娑羅」 京都・祇園・中華料理 »

2014年1月21日

「京都和久傳」 京都・ジェイアール京都伊勢丹・日本料理

久しぶりの「京都和久傳」。

休日の夕食。
満席で、ひっきりなしにお客様が訪れるという状況。

<先附>

焼雲子と丸大根 金時人参きんかん 白味噌仕立て。
14012112.jpg

白味噌の椀ですが、なかにたっぷりの具材。
焼雲子と大根の旨みには舌が踊りそう。




<向附>

天然平目つくり あしらいぽんず。
14012113.jpg

ポン酢のジュレがかかり、それが平目と絡み
味わいをぐっと深めてくれる。
一気にテンションがあがる。





<焼物>

天然鰤のくわ焼きと堀川牛蒡安肝射込み。
14012115.jpg

鰤が一瞬鶏に見えてしまう。
脂のノリとコクがたまらない。
牛蒡に射込まれた、安肝滑らかさと味わいにうっとり。





<凌ぎ>

蕪鮭の黄味酢かけ。 
14012118.jpg

蕪と鮭のミルフィーユ。
どちらの持ち味も生かす献立である。





<油物>

わかさぎの天麩羅 芽キャベツ。
14012119.jpg

わかさぎが、まるで根菜類のように
詰まった感覚を覚える。





<焚合>

地蛤の酒蒸し 蕪 黒胡椒。
14012121.jpg

なんとも蛤の威力を感じることか。
その濃さと品格の出会いの凄さ。





<御飯>

鯛の味噌茶漬け。
14012122.jpg

かなり濃厚な味わいが、クセになるほど。





鯛の黒寿司。
14012123.jpg

これは御飯に醤油をまぜ、その上から鯛の造りをのせている。
このバランスが絶妙でおかわりがほしくなる。





<水物>

紅マドンナというみかん。
14012125.jpg

あまおうの甘さと酸味が秀逸。





柚子ようかんで締め。
14012126.jpg





テンポもよく、料理のクオリティも見事で
流行る訳を納得した。





「京都和久傳」
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
ジェイアール京都伊勢丹11階
075-365-1000

投稿者 geode : 2014年1月21日 10:57