« 「祇園おかだ」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「肉専科 はふう本店」 京都・麩屋町夷川・洋食 »

2014年1月 6日

「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理

京都に暖簾を掲げて数年経過の「祇園 大渡」さん。
元気のいい料理店。
14010651.jpg

大渡さんのキャラクターが生き、
いつもカウンターは笑い声が絶えない。




店内もいい感じで、時の経過が漂っている。
14010654.jpg




浜坂のズワイガニを使った茶碗蒸し。
14010656.jpg

味噌の味わい、かぶらのあんかけが
素晴らしい味わいを供してくれる。
最初から食べ手のテンションをあげる一品。





てっぱい。
14010660.jpg

わけぎにあん肝。
このコンビネーションが絶妙で、
スライスしたアーモンドの使い方も見事である。





せこがには蒸し寿司に仕立ててある。
14010663.jpg




寿司飯とせこがにの旨みがじつにいい相性。
14010664.jpg

これまたこちらの気持ちに刺さる料理。





椀物は白味噌仕立て。
14010665.jpg



フカヒレと大根餅。
14010666.jpg

「フカヒレと餅って合わないんですね。
そこで大根餅にしたらすごく合うんです。
やはり中華つながりですかね」
と大渡さん。

この大根餅が本当に素晴らしい相性を示してくれる。
やられた。





氷見であがったブリを1週間熟成。
14010667.jpg

脂分と身質が一緒に溶けてゆく感じが素敵。





柚子風呂。
14010669.jpg

大渡さんのスペシャリテ。
中には雲子のペースト、しいたけ、百合根、ピスタチオ。
コクと旨みが幾重にも重なってゆくのだ。





まながつおは酒粕でつけ焼物に。
140106.jpg

味わいが強いので湯葉や白髪ネギを。





大阪八尾の海老芋。
14010673.jpg

そのねっとりとした食感は素晴らしい。





炊きたての白ご飯。
14010676.jpg

おかわりをした。





わらび餅。
14010679.jpg




抹茶。
14010680.jpg




いつも元気でにこやかな大渡さん。
14010683.jpg




この日も派手な足袋で大奮闘。
14010684.jpg



ありがとうございました。
14010681.jpg




「祇園 大渡」
京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252

投稿者 geode : 2014年1月 6日 10:08