« 「中国菜 香味」 大阪・西天満・中華料理 | メイン | 「café CARTON」 岐阜・岐阜市・珈琲店 »

2013年11月21日

「日本料理 しのはら」 滋賀・湖南市・日本料理


JR新快速で草津下車、
そこから草津線に乗り換え甲西駅で降りる。
車で5分余。

「日本料理 しのはら」だ。

一軒家の料理店。
カウンター席と座敷あり。
今回はカウンター席。鉄板が埋め込まれている。
以前、お父さんがステーキハウスを営んでおられた名残。
オーダーによってそこで牛肉を焼くこともあるとか。


まずはお印の一杯。
13112114.jpg

最初から飛ばしてくる。




噴火湾のウニ、淡路島のハモにキャビア、地元の松茸。
13112116.jpg




大間から仕入れたマグロ。
13112117.jpg




左からスダチ、ちり酢、醤油。
13112119.jpg




造りは目板カレイ、鯉、そしてマグロ。
13112121.jpg

マグロの脂の乗りがきれいだ。




4日熟成したのどぐろは焼霜で。
13112122.jpg

香りと味の凝縮感がポイント。




椀物はくえに根芋。
13112124.jpg

くえがじつに旨い。




八寸。
13112126.jpg

手の込んだ仕事である。

料理長の篠原武将さん
「これをやり続けないと、
せっかく学んだことが生かされないような気がします」と。


  • 愛媛で取れたとらふぐは白子和え

  • 芝海老とイカ

  • 練ウニ

  • トビコとじゃがいも

  • 手毬寿司

  • トリガイ

  • 菊菜の胡麻和え

  • などなど




フォアグラかんにあんぽ柿。
13112127.jpg

二重の甘味が面白い。




炊合せは近江蕪に揚げ、ネギ。
13112129.jpg

ほっとする味わい。




鮑の天ぷら
フカヒレと鮑の春巻き
13112130.jpg

元気な献立も入り、愉しい。




すっぽんは一度焼いて。
13112132.jpg




鍋仕立てに。
13112134.jpg




13112139.jpg

これは身体がすごく温まる。




締めは白ご飯と予想したのだが、
見事に外れ、上海蟹ご飯だ。
13112142.jpg




13112144.jpg

ご飯も味噌の味わいが効いている。




デザートはカキ、栗の焼酎漬け。
13112145.jpg

これがなんとも美味。
驚いた。




これからどんどん進化する料理人。
33歳。


楽しみだ。




13112146.jpg




「日本料理 しのはら」
湖南市岩根字四反田2233-1
0748-72-9323

投稿者 geode : 2013年11月21日 10:14