« 「京、静華」 京都・岡崎・中華料理 | メイン | 「コホロ淀屋橋」 大阪・淀屋橋・コーヒー »

2013年10月 8日

「京都吉兆 嵐山本店」 京都・嵐山・日本料理



東京などから20名を超える人達との会食。
料理の名前は先方から渡された表記とする。



向附 伊勢海老吹寄
13100813.jpg

やや酸味の効いた味わい。
それまでに杯で少量の酒をいただき、
気分はどんどん料理の世界に入ってゆく。


椀 あこう 松茸
13100814.jpg

立派な松茸の香りと、あこうの力強い味わいとの融合が
インパクトある椀を作る。
出汁を飲みきったときの旨みが頂点となるような味付け。




造里 鯛鹿の子 つぶ貝 とろ
13100820.jpg

鯛の濃厚な旨みが記憶に残る。




凄い松茸のオンパレード。
13100818.jpg




箸休 松茸座敷焼
13100828.jpg


座敷に炭床が置かれ、そこで松茸を焼いてゆく。
13100824.jpg

強烈な香りが充満。
それだけで歓声があがる。


和紙をかぶせ、上から水をふき湿らしながら焼く。
13100825.jpg

つまり蒸し焼き状態。
ここでは冬のカニも、この焼き方をしている。

これは旨いに決まっている。




八寸 蟹酢 香茸白和 海老酒盗 鈴子 銀杏 牛舌旨煮 鰤寿司
13100829.jpg
 
この季節感の演出は見事。




焼物 ぐじ塩焼 栗 松茸フライ
13100832.jpg

ぐじは濃厚な味わい。
松茸のフライが鮮烈な印象。
フライという食べ方はかなりの旨さを感じた。




焚合 飛龍頭 南京 小芋 なた豆
13100834.jpg

シンプルだが、味付けの妙が楽しめる。




御飯 松茸御飯 鶏塩焼
13100836.jpg

松茸の香りと味がしっかり感じられる。




果物 メロン 無花果 梨 ピオーネ
13100840.jpg

カスタードクリームが美味。




菓子 山栗
13100841.jpg

そして抹茶をいただき終了。


この日は秋の気配を感じながらの食事。
それぞれ会話が弾み、いい雰囲気のうちに時間が過ぎていった。

13100808.jpg

13100809.jpg




「京都吉兆 嵐山本店」
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町58
075-881-1101

投稿者 geode : 2013年10月 8日 10:18