« 「このは」 大阪・肥後橋・日本料理 | メイン | 「京都吉兆 嵐山本店」 京都・嵐山・日本料理 »

2013年10月 7日

「京、静華」 京都・岡崎・中華料理



男性4人の食事会。
うち2人は「京、静華」初めて。

えびのすり身に蓮根。
13100778.jpg

れんこん餅。
食感、味わいなど、最初からぐっと気持ちを掴まれる。


ひとつのグラスの中に白身の魚、ナッツ、野菜、海老が順番に入り、
混ぜあわせて食べると中華風サラダになる。
13100780.jpg




紙を破ると松茸の鮮烈な香り。
13100782.jpg

ヤリイカは相当な甘味を発する。
この二重奏が見事な一品である。




キノコのスープ。
13100787.jpg

平茸など数種のキノコ。
それぞれの歯ごたえを楽しむ。
スープがまたピュアできれい。
上品でありながらも、インパクトのあるスープ。




鮎がまるで泳いでいるような姿。
13100789.jpg

鮎は蒸してから揚げるので、サクッと軽やか。




但馬牛ロースの強火炒め。
13100791.jpg

百合根やマコモダケなどのエキスの合体が、
新たな味わいを生み出している。




伊勢海老と春雨の煮込み。
13100792.jpg

ご主人がタイから帰られたばかりということもあってか、スパイシー。




うずらの四川風。
13100794.jpg

辛味と甘味、そしてうずらの旨みの饗宴。




野菜のピクルス。
13100796.jpg




担々麺。
13100797.jpg


13100799.jpg

辛さ控えめに感じるが、
この辛さは人によって反応が異なる。




締めは杏仁豆腐。
13100701.jpg

すばらしい。




フルーツティーは時間経過とともに変化してゆく。
13100705.jpg


いつも新たな発見と驚きの「京、静華」。
初体験の2人は大感激していた。




「京、静華」
京都市左京区岡崎円勝寺町36-32F
075-752-8521

投稿者 geode : 2013年10月 7日 10:31