« 「一碗水」 大阪・堺筋本町・中国料理 | メイン | 「カ・セント」 神戸・元町・モードスパニッシュ »

2013年9月17日

「虎白」 東京・神楽坂・日本料理



数名の料理関係者が集まり、
日本料理とはいかなる料理かを考える食事会。
13091735.jpg

献立は先方より渡してもらった表記です。


<先付>
ばい貝 白芋茎 胡麻浸し
13091747.jpg

かろやかな酸味もあり、心地のよい始まり。




<揚物>
鮎 トリュフソース
13091752.jpg

夏場にいろいろな形で鮎が使われます。
揚げ、且つトリュフソースとの相性は、個性があり面白かったです。
先付の次に揚物という選択も驚きました。




<しのぎ>
雲丹 とんぶり 飯蒸し

この段階で飯蒸しです。
旨みたっぷり。
残念ながら画像がありません。




<お椀>
穴子真丈 蕪
13091771.jpg

穴子の味わいが濃厚で、蕪も美味です。




<お造り>
活鱧
13091783.jpg
 
皮目だけ軽く火が入り、鱧の甘味がしっかり出ていました。




<焼物>
のどぐろ 水茄子
13091791.jpg

のどぐろは炭で焼かれ、独特の香りが出ています。
水茄子は田楽仕立てです。




<冷し物>
すっぽん煮こごり
13091706.jpg

長芋の寒天も入っています。
食感が面白い。




<煮物>
早松茸 鮑 冬瓜 伏見唐辛子
13091715.jpg

鮑と松茸の出会いは、初めてという気がします。




<お食事>
甘鯛 玉蜀黍 炊き込ご飯
13091720.jpg

二種の甘味と風味がご飯にインパクトを与えています。
玉蜀黍(とうもろこし)は相当に甘味ありです。

13091728.jpg




デザート
桃シャーベット 桃スープ ラム酒ゼリー
13091734.jpg

温度と食感の差異が楽しいデザートでした。


料理提供スタイルの変化など、
日本料理を考えるに、いくつかのポイントがあるなと感じていました。

13091739.jpg




「虎白」
東京都新宿区神楽坂3-4
03-5225-0807

投稿者 geode : 2013年9月17日 10:30