« 「婆沙羅」 京都・新門前・中華料理 | メイン | 「ウニール京都御幸町店」 京都・御幸町・コーヒー専門店 »

2012年10月 5日

「いか里」 大阪・北新地・日本料理

久しぶりに北新地「いか里」のカウンターに座りました。

まずは百合根と車海老。
12100512.jpg

この百合根が美味です。




松茸です。
12100514.jpg

酸味がいい感じです。





新銀杏。
12100515.jpg

塩味と香ばしさ。





牛肉にトマト、タマネギ、人参、大根。
12100516.jpg

さっぱりのあとに牛肉の旨みがのっかってきます。
これが「いか里」の木村篤司さん流です。





椀物は五島列島の甘鯛です。
12100522.jpg

これがこっくり旨いんです。





向付は、鱧の焼き霜、松茸、鯛です。
12100525.jpg

鱧は冷えているのですが、甘みが凝縮しています。
松茸は軽く火入れし地に漬けています。





フカヒレの椀です。
12100528.jpg

手羽中と豚足のスープ煮込み。
この濃厚にして、迫力あるフカヒレ。
木村さんがずっと作りつづけ、改良を重ねてきた一品です。





帆立と海老。
12100530.jpg

これも結構味が濃いのです。





お凌ぎ、と出されました。
12100533.jpg

イクラだけかと思っていると、
新銀杏、なんとアワビまで入っています。
それも相当なボリュームです。
美味なのですが、「お凌ぎ」という分量ではありません。
これも木村さんの本領が発揮された一品。





メインの鯛です。
12100534.jpg

いったん焼いた鯛を昆布で巻き、蒸し上げます。

12100537.jpg

鯛の頭でとった出汁で蒸すのです。
蒸す前に一切ずつ切っておくのです。

そこに出汁をかけます。
12100538.jpg

これは、旨みが幾層にも重なっています。





かに玉がでてきました。
12100539.jpg




キノコの炊き込みごはんです。
12100540.jpg




デザートはミルクのアイスクリームに宇治氷、みつ豆です。
12100541.jpg

スタートから〆までめくるめく展開でした。





「いか里」
大阪市北区曽根崎新地1-6-12
06-6341-0741

投稿者 geode : 2012年10月 5日 10:51