« 「ポンテベッキオ 北浜本店」 大阪・北浜・イタリア料理 | メイン | 「祇園 喜鳥」 京都・祇園・中華料理 »

2012年8月24日

「すし処 たかの」 大阪・枚方・寿司

大阪・谷町9丁目の「鮨 原正」のご主人が修業した店が枚方にあります。
たまたま兄がその近くに住んでおり、ときおり訪れていたようです。


以前から一緒に行こうということになっていたのですが、
僕のバタバタで、この「すし処 たかの」を訪れるのが、
かなり遅くなっていました。

前菜は
12082451.jpg

くらげ、子持ち昆布、鮎の南蛮漬け、よもぎ麩です。
上品な味付けです。





そしてさっそく握ってもらいました。

ボタン海老。
12082460.jpg

ねっとりと甘みがいいです。





アブラメは焼き霜にして出汁のジュレです。
12082461.jpg

ジュレがいい仕事。





煮はまぐりです。
12082462.jpg

噛んだ時の旨みがたまりません。





中トロ。
12082463.jpg

肌理の細かさと香りです。





剣先イカ。
12082465.jpg

包丁技の綺麗さが甘みを引き出します。





ボタン海老の頭は焼いていただきました。
12082466.jpg





穴子も柔らかく、甘みも十分です。
12082467.jpg




赤貝の食感も見事。
12082469.jpg




蒸し鮑は磯の香りがします。
12082470.jpg




キスの昆布締め。
12082472.jpg

昆布の力が旨みにつながります。





新子です。
12082474.jpg

酢の具合が柔らかい。





ウニは、香りと甘みです。
12082476.jpg




玉子もいいですね。
12082477.jpg




サヨリもこんなスタイルです。
12082478.jpg




マグロの漬けです。
12082480.jpg




アジの脂のノリがすごかったです。
12082481.jpg




鮑の昆布締め。
12082482.jpg

これは初体験です。
いい感じです。

すっかり寿司を堪能することができました。





「すし処 たかの」
枚方市山之上西町31-3
072-846-8500

投稿者 geode : 2012年8月24日 10:23