« 「コシモ・プリュス」 芦屋・業平・フランス料理 | メイン | 「すし処 たかの」 大阪・枚方・寿司 »

2012年8月23日

「ポンテベッキオ 北浜本店」 大阪・北浜・イタリア料理

奈良の友人の奥様が、その友人と僕の誕生日(僕は10月なのでかなり早いですが)、
そして僕と誕生日が同じ共通の知人も含め、
祝いの食事会を催してくださいました。

場所は、大阪の「ポンテベッキオ 北浜本店」です。

スタートは
12082313.jpg

フカヒレの冷製 夏野菜のジュレ寄せとキャビアを添えて。


いきなりすごいのが出てきました。
フカヒレの食感とキャビアのマリアージュは刺激的でした。





ブルターニュ産オマール海老の釜あげ 桃とそのソルベットの取り合わせ。
12082316.jpg

3つの温度帯が同居しています。
  桃は冷たいソルベット、
  常温の桃、
  そして生温かいオマールです。

この組み合わせが見事な出会いで、うっとりの一皿です。





鹿児島産天然ウナギの炭火焼き
  茄子のスキャチャータと炒り付けズッキーニ 
    シェリービネガーのソースと本わさび添え。
12082317.jpg

カリッと焼けたウナギは美味で、
それぞれの付け合せなども山根ワールド全開です。





塩辛にした剣先イカのオイルスパゲッティ
    イカソーメンとウニ添え ショウガ風味。
12082320.jpg

ショウガ風味というところが技の見せどころ。
この塩梅はさすがです。





とろりとしたリゾット たっぷりのバターコーン添え。
12082322.jpg

半端でないコーンがすごいとおもっていると・・。

そこにトリュフをどさり。
12082326.jpg

これも山根さんらしい演出。
旨くないわけがありません。





ビュルゴー家シャラン産鴨の格子切り炭火焼き
      イチジクのサラダと黒トリュフの香り。
12082329.jpg

この鴨の料理、その切り方から火入れ、
イチジクのサラダなど、精密に仕組まれた一皿でした。





一度高温で揚げた天然すっぽんのフリカッセ 土鍋仕立て。
12082331.jpg

土鍋を開けたところに山椒の冷製粉末をかけかます。
12082333.jpg

すっぽんの食感と味わい、香りも面白い一品です。
12082337.jpg





液体窒素を使った、
12082342.jpg

デラウェアの瞬間ソルベット。
12082344.jpg

これがすこぶるつきの甘さ。

それも果実を生で食べるより、歯ごたえもあり甘みも素晴らしい。





こんなサプライズもあり、
12082339.jpg

うれしくなってしまいました。





そして味わったワインです。
12082345.jpg

贅沢な一夜でした。





「ポンテベッキオ 北浜本店」
大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル1F
06-6229-7770

投稿者 geode : 2012年8月23日 09:30