« 「ELK COFFEE」 大阪・扇町・コーヒー店 | メイン | 「京料理 田ごと」 京都・京都駅・日本料理 »

2012年7月27日

「MOTOI」 京都・富小路二条・フランス料理


京都市中京区富小路二条下ル。

レストラン「MOTOI」の所在地です。
敷地面積180坪。
裏庭には畑があり、そこでハーブや野菜を育てているとのこと。

この日は「朝日カルチャーセンター」の講座でした。
ランチですが、特別メニューを作ってもらいました。

ここの前田 元(もとい)シェフは、中華料理を10年修業した後、
フランス料理に転向した人物です。

「まだ中華料理のほうが長いのですが、
それも含めた料理を楽しんでもらいたいと思っています」と。

テーブルの上にナッツが並びます。
120727582.jpg

これはどこか中華の香りです。




最初は、利尻のエゾバフンウニ あさかぜ胡瓜と合わせて
120727584.jpg

中にはタピオカが入り、その食感も面白いです。
あさかぜ胡瓜は京都のカリスマ農家・田鶴 均さんのもの。





次は、鱧の落とし うすい豆の軽いムースリーヌ
120727587.jpg

下にはトマトの透明なジュレが敷いてあります。
その味わいにうすい豆、鱧の甘みもいいバランスです。





フォアグラナチュールと加茂茄子のテリーヌ
  ギリシャの黒オリーブのピュレ
120727589.jpg

フォアグラは低温調理でしっとりと火入れ。
賀茂茄子との相性が抜群。





すっぽんのクルスティアンと蒸し煮にしたコンソメ
120727594.jpg

コンソメにはエンペラ、トリュフ、キヌガサダケ、
ハスの実が入り、なんとも贅沢なものです。
120727597.jpg

根セロリとオゼイユのソースです。
120727596.jpg




真ハタのポッシェをたっぷりのお野菜と共に
120727598.jpg

野菜はそれぞれ別な火入れです。
したがって、味わいが濃厚。
ハタとの出会いも見事です。





焼尻島の仔羊と大原の色々なズッキーニ
120727605.jpg

仔羊はローストとコンフィという2種類の部位を使っています。
この仔羊はプレ・サレという海の風が当たる牧草を食した仔羊。
北海道でその条件を満たしたものです。





紫蘇のソルベ
120727607.jpg

じつに紫蘇です。





冷やし飴ともち米のリ・オ・レ
120727609.jpg

米をミルクで火入れしたものに、ライムの泡などが入ります。





ゲヴェルツトラミネールのアロマ
120727610.jpg




ミニャルディーズ
120727615.jpg




エスプレッソ
120727616.jpg




なんとも贅沢でゆとりのある空間の昼食、優雅な時間の流れでした。
120727617.jpg




「MOTOI」
京都市中京区富小路二条下ル俵屋町186
075-231-0709

投稿者 geode : 2012年7月27日 10:55