« 「DAR AHLAM」 モロッコ・スコウラ・ホテル | メイン | 「Frederic Simonin」 フランス・パリ・レストラン »

2012年6月19日

「TOUMIEUX」 フランス・パリ・レストラン

昨年の1月に訪れて以来です。

「パティスリー デ レーブ」のパティシエ、
フィリップ・コンテシーニさんが予約してくれたお店が、
「TOUMIEUX(トゥーミュー)」です。
12061920.jpg




午後7時過ぎですから、店内はまだガラリという状態です。
12061922.jpg

今回は9名での食事です。





メニューです。
12061924.jpg




まずはテーブルにおかれたパンとリエット。
12061925.jpg

美味です。




フォアグラです。
しっとりとした口当たりに、上品な粘りとコクです。
12061934.jpg

想像以上に軽い味わい。




名物の一つとなったハンバーガーです。
12061936.jpg

まさにハンバーガー。

フレンチのシェフにとってもハンバーガーは魅力的な一品です。

付け合せは、やっぱり、フレンチフライ。
12061938.jpg

これも絶妙な組み合わせ。




そしてこれまた得意技のイカのカルボナーラ。
12061930.jpg

イカを細切りにして、そこにチーズと温度卵を加えます。
ベーコンも入ります。

イカ以外は、カルボナーラの素材そのものです。
うまい具合にコクやまろやかさが生まれ、
素晴らしい一皿となっているのです。




スフレピザと呼ばれる一品。
12061933.jpg

ピザ生地が薄く、
まるでスフレのようにサクッとしているので、
このネーミングです。


シェフの発想の豊かさを感じます。




魚はマトウダイ。
12061940.jpg

火入れはかなりしっとりです。




仔牛、
12061941.jpg

なんとも、きれいな火入れです。




出来立てのミルフォイユです。
12061944.jpg

まさに湿気など、どこにあるのだろうというほど軽く、
そしてふんわりとした食感です。


シェフは、ある料理を一度分解して、それを再構築する、
または発想を変え、素材を置き換えるなど、
元々ある料理をどうすれば、
新たな表情を見せるのかを楽しんでいるように思うのです。






「TOUMIEUX」
79, Rue Saint-Dominique 75007 Paris
01 47 05 49 75

投稿者 geode : 2012年6月19日 09:05