« 「ジョエル・ロブション」 東京・恵比寿・フランス料理 | メイン | 「鮨 おかざき」 大阪・北新地・寿司 »

2012年5月21日

「鮨 原正」大阪・谷町9丁目・寿司

半年ぶりの「鮨 原正」です。
120521281.jpg

8席のカウンター。
スタッフは大将と若手の職人が2人、女性が1人です。

大将の石川功さんは、和食からスタートした人物です。




あわびからスタートです。
120521284.jpg

温かく磯の香りがしっかりです。





タコもしんなりで噛むと味わいが深まってゆきます。
120521287.jpg




アマテカレイです。
120521289.jpg

肝をくるむようにしてたべます。
これで旨みがぐっと増します。





カツオは藁で軽く薫製しています。
120521293.jpg

食べるとその香りがよくわかります。





海鱒、これもスモークです。
120521294.jpg

大将曰く「スモークサーモンです」と。
ちょうどいい火の入り具合です。





筋子の醤油漬け。
120521297.jpg

白いご飯との相性がピッタリです。





サワラを塩麹でつけると
120521298.jpg

まるで味噌幽庵のような感じになります。





そろそろ握ってもらうことにしました。

イカです。
120521301.jpg

これには驚愕です。
「ぎりぎりまで包丁を入れています」と。
食感はふんわり、甘みが素晴らしい。
これにはやられました。





次はアワビです。
120521302.jpg

これもかなり薄く切ったアワビを数枚重ねていました。
不思議な歯ごたえというか食感で、
艶っぽい味わいに変化しています。





キスです。
120521304.jpg

かるく締めてあります。
ふくよかな味わいになっています。





マグロ、赤身の漬けです。
120521305.jpg

香りが立ってきます。





中トロです。
120521306.jpg

きれいな脂分です。





お口直しの野菜。
120521307.jpg

この気遣いが見事。





コハダは3日寝かせました。
120521308.jpg

酢の加減が素晴らしく、
寿司飯との融合が絶妙です。





穴子はふんわりと上品な甘みをたたえます。
120521309.jpg




海老は80度で湯がきます。
120521310.jpg

ナチュラルな甘みが立ってきます。





煮蛤です。
120521311.jpg

煮るというより軽い火の通し方です。
寿司を食べる醍醐味を感じました。





アジです。
120521312.jpg

艶かしい。
脂がすっと溶けてゆきます。





淡路・由良のムラサキウニです。
120521314.jpg




カニとカニ味噌。
120521316.jpg

旨いに決まっています。





北海道のムラサキウニです。
120521319.jpg

由良と全く違います。





魚のアラでとった椀物です。
120521321.jpg

この日は、アマテカレイを使っています。





かんぴょう巻き。
120521323.jpg

山葵がしっかり利いています。





コハダとガリの巻物。
120521324.jpg

これは僕の好物。





玉子です。
120521325.jpg

ふんわりとスフレのようです。





カウンターに清酒がずらりと並び、
120521291.jpg

同行の酒好きは、チョイスしていました。





非常に満足の「鮨 原正」でした。
120521282.jpg




「鮨 原正」
大阪市天王寺区上汐3-8-9?
06-6773-5518

投稿者 geode : 2012年5月21日 14:14