« 「ル・マンジュ・トゥー」 東京・新宿・フランス料理 | メイン | 「ひさ田」 岡山・赤磐・寿司 »

2012年5月14日

「中国料理 天空」 大阪南港・ハイアット リージェンシー 大阪・中華料理

大阪・南港「ハイアットリージェンシー大阪」の「中国料理 天空」で、
「グランド ハイアット 香港」の
広東料理レストラン「ワン ハーバー ロード」の
シェフ・Li Shu Timさんが来日、
フェアを開催中です。

そのフェアの料理を食べに行きました。

夕暮れ時の南港の景色は美しい。
デジカメで撮影すると、
ブルーグレイの空がひときわきれいに映ります。
120514181.jpg

遠くに明石海峡大橋も見え、
食事が始まるまえから
僕達のテーブルは盛り上がりをみせていました。




一皿目は鮑の冷製 特製醤油。
120514188.jpg

鮑は約1時間半蒸すとのこと。
適度な歯ごたえを残しながら、その弾力がうれしい。

印象的なソースはややピリッと辛味がきいています。
チリ、マスタード、醤油、豆豉、ガーリック他数種の香辛料が入っています。

この辛味のあるソースと鮑は、噛むことにより、
鮑の旨みとソースのバランスが生まれます。





二皿目は燕の巣・トリュフ・鶏ミンチ入りスープ。
120514189.jpg

シェフは中国スープとトリュフの組み合わせについて
「西洋と東洋の融合です」と説明。

トリュフの香りが鼻孔をくすぐるのです。
飲み進むにつれコクがましてゆきます。
チキンのスープに豚肉を入れ、
深みを出しているようです。





三皿目は伊勢海老の特製茸ソース。
120514193.jpg

マッシュルームのソースは香港から持参したそうです。
軽みがあるのに、旨みも十分。
伊勢海老の添えられた香辛料はインパクトありです。





四皿目は和牛フィレ・五目茸の醤油炒め。
120514195.jpg

和牛の質が素晴らしい。
フィレ肉で、かなりコクが詰まっている感じです。
肌理の細かさは口の中でじんわり旨みを発し、
そしてスッと消えてしまいます。





五皿目はカレイのブラックビーンソース炒め。
120514200.jpg

カレイはカリッとした食感。
シェフは「クリスピー」を連発していました。
豆豉が結構主張しています。
カレイの質と豆豉がいい相性です。





次は、追加でお願いしたティースモークチキンです。
120514204.jpg

塩で下味をつけ、油をかけながら火を入れてゆきます。
皮目はパリッというのが信条です。
次にジャスミンと米で薫製をかけます。
その後再び、油をかけ火入れです。

ソースは山椒とレモン汁。
これをつけるとぐっと味がしまってくるのです。





ご飯は、
120514205.jpg
粒切り鶏肉・椎茸入りチャーハン 蓮の葉包み蒸し。

120514208.jpg
中にはホタテや鶏肉が入ります。

120514209.jpg
熱々の温度といい、味の複雑さがクセになりそうな味わいです。





デザートはマンゴプリン。
120514210.jpg

これがなかなかです。
マンゴーの処理方法に丁寧さが光っています。
皮をむいてスライスし、最後は手で握り潰すのです。
それによって香りが生きてきます。
口に含むと、手で握りつぶしたマンゴーがグニュッとなり、
食感と濃厚な味わいが楽しめます。





全体を通して香辛料の使い方が見事で、味わいの振幅があります。

この「ワン ハーバー ロード フェア」は5月22日までの開催です。






「中国料理 天空」
大阪市住之江区南港北1-13-11
ハイアット リージェンシー 大阪 28F
06-6612-1234 (代表)

投稿者 geode : 2012年5月14日 11:00