« 「肉専科 はふう本店」 京都・麩屋町夷川・洋食 | メイン | 「ル・ヌー・パピヨン」 大阪・堺筋本町・フランス料理 »

2012年2月14日

「帝塚山 ラーゴ」 大阪・帝塚山・イタリア料理

帝塚山・姫松交差点すぐそばの
イタリア料理店「帝塚山 ラーゴ」で仲間が20名ほど集まり、
イベントがありました。


今回は、
ドミニク・コルビさんが「本格的なコック・オー・ヴァンを作る」、
ということから開催されました。

「帝塚山 ラーゴ」のシェフは、池邉正憲さん。
ここの厨房を借り、池邉さんを含め4人の料理人が集まりました。
12021430.jpg





1皿目は
12021402.jpg
「富山産ズワイガニの生ハム巻きパートフィロ包み パプリカ・マンゴーソース」。
これは池邉シェフの料理です。
カニ味噌もいい仕事をしています。





2皿目は
12021403.jpg
「長崎産鰆の喜鮨」。
軽くマリネした鰆の脂の乗りも素晴らしく、
下に敷かれたポテトサラダとの相性も見事でした。
これは某料理人作です。




3皿目は
12021409.jpg
「フォアグラソテーとキノコの旨みを凝縮した温かいスープ
 クリスタル島灰塩と」。
これは池邉シェフです。
フォアグラの使い方が適確で、そのコクを満喫でした。




4皿目は
120214雑炊21.jpg
「虎河豚の白子雑炊 黒トリュフ風味」。
これは津村眞次さんの料理。
黒トリュフ「風味」というより、「まみれ」な逸品でした。
これは贅沢の極みです。





5皿目は
「コック・オー・ヴァン」です。
12021433.jpg

ドミニク・コルビさん作。
12021427.jpg
川俣軍鶏6羽(一羽約3キロ)になんと24本のローヌのワインです。
「出汁は一切使ってません。赤ワインと鶏だけ。
 これがフランスのホントのコック・オー・ヴァン。
 私のレシピではありません」、と。

取り分けて頂きました。
12021435.jpg
たしかに素晴らしい料理でした。





6皿目は
12021439.jpg
「極細手打ち麺 たっぷりタヤリン 中世イタリアパスタ」。
これは池邉シェフ。スープとの素敵な相性楽しみました。





デザートは
12021443.jpg
「ラーゴ」からのバレンタインチョコレート。

エスプレッソと共に。


作る側も食べる側も、素敵な盛り上がりをみせ、
じつに楽しい料理の時間となりました。

多くの料理人の方々、ありがとうございました。





「帝塚山 ラーゴ」
大阪市阿倍野区帝塚山1-9-6 TZY196ビル B1F
06-6652-7700

投稿者 geode : 2012年2月14日 10:10