« 「そば処 とき」 大阪・北新地・蕎麦 | メイン | 「創作中華 一之船入」 京都・河原町二条・中華料理 »

2011年12月22日

「赤壁酒店(あかかべさけてん)」 北九州・旦過市場・居酒屋

九州 ・小倉に旦過市場という小さな商店街というか市場がある。
その中でひときわ目立つのが、
「あかかべ」と染め抜かれたのれんが際立つ「赤壁酒店」です。

11122222.jpg

つまり酒販店で、いろいろなメニューがでる「角打ち」という名前で呼ばれています。
小倉で新たなプロジェクトが始まるので、現地を見ることからはじまり、
締めはこの「赤壁酒店(あかかべさけてん)」なのでした。

「角打ち」という言葉は、あまり関西や関東では使うことがなさそうです。

この日は、僕が関西に帰る日だったので軽く一杯だけ頂きました。




おでんから
大根と
11122218.jpg

11122219.jpg
巾着をお願いしました。

ダシのよくしみたおでんにビール。
「これは食前酒ですね。
ここで落ち合って、
そこから食べ飲みに出かけるというスタイルが一般的ですよね?」と、

小倉出身の方に伺う。





知らない街では、とても便利な店だと思ったのです。

11122220.jpg




赤壁酒店(あかかべさけてん)
福岡県北九州市小倉北区魚町4-5-4
093-521-3646




最新刊のお知らせです。
tan_hyoshi.jpg
門上が「あまから手帖」で連載中の「僕を呼ぶ店」が
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」という単行本となりました。

投稿者 geode : 2011年12月22日 10:49