« 「菊乃井 本店」 京都・円山公園・日本料理 | メイン | 「レ セゾン」 帝国ホテル大阪・フランス料理 »

2011年11月 1日

「イタリア料理 アルファロ」 大阪・淀屋橋・イタリア料理

友人が欧州から帰国。
白トリュフを持って帰ってきました。
それを食べつくすという宴です。


場所は、
淀屋橋にある「イタリア料理 アルファロ」、
11110172.jpg
オーナーシェフは小出哲也さんです。





前菜は
北海道産馬肉のタルタルとたてがみの赤ワイン漬け添え。
11110145.jpg
これだけでも魅惑的なメニューですが、ここに白トリュフをバサッとです。
11110148.jpg
香りの凄いこと、凄いこと。




温菜は
クロワゼ鴨のラグーとタジャスカオリーブのカネロニ
ポルチーニ茸のピューレ フォン・ドゥータ・ソース。
11110149.jpg
鴨とポルチーニの相性が素晴らしく、クセになりそうです。




パスタは
フランス産ジロール茸とリー・ド・ヴォのタヤリン。
11110154.jpg
手打ちのタヤリンのコク。リー・ド・ヴォとジロールの味わい。
白トリュフがかかると旨みも増幅するというものです。





リゾットは
イタリア・アルバの白トリュフの香りのリゾット。
11110158.jpg
シンプルですが、これが白トリュフを生かすには最適なメニューかと思いました。
11110161.jpg
香りがストレートに響きます。




メインは
北海道産仔鹿のロースト
自家製柿のマルメッターラをのせたフォアグラ添え。
11110162.jpg
仔鹿はやわらかなテクスチュア、繊細な味わいですが、
11110165.jpg
これもまた白トリュフと出会うと、一気に味が広がります。





デザートは
チョコレートのフォンドゥとザバイオーネソース
キャラメルアイスと姫リンゴのロースト添え。
11110168.jpg
温かいチョコレートが素晴らしい。
ここにも白トリュフです。満喫です。




徹頭徹尾、白トリュフの饗宴には、脱帽というか唖然でした。
最初にて最後の経験となるでしょう。
11110171.jpg





イタリア料理 アルファロ
大阪市中央区高麗橋4-2-7 ホテルユニゾ大阪淀屋橋2F
06-6231-1107




最新刊のお知らせです。
tan_hyoshi.jpg
門上が「あまから手帖」で連載中の「僕を呼ぶ店」が
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」という単行本となりました。

投稿者 geode : 2011年11月 1日 10:38