« 「カランドリエ」 大阪・本町・フランス料理 | メイン | 「そば処 とき」 大阪・北新地・蕎麦 »

2011年10月 3日

「シェ・ローズ」 神戸・北野・フランス料理

京都の「ドゥーズ・グー」、大阪の「イル チプレッソ」と続いた、
拙著「僕を呼ぶ料理店」出版記念食事会、
最後は神戸で開催です。

ゲストは元「ジャン・ムーラン」のオーナーシェフ・美木剛さんです。
美木さんに、料理人としてあるべき姿を語って頂きながら進行しました。

会場となった「シェ・ローズ」のオーナーシェフ・佐藤義明さんは、
「ジャン・ムーラン」卒業生です。
師匠参加の食事会は緊張です。




スタートは、
フォアグラと玉葱マーマレードのラヴィオリ包みポルチーニ茸の香り。
11100353.jpg

玉葱はあめ色になるまで炒め、それをフォアグラと一緒に包み込む。
まずはポルチーニの香りを愉しみ、その後のインパクト。
威勢の良い始まりです。





魚介のタルタル仕立て、サラダ添え。

11100354.jpg
伊勢海老、帆立などのタルタルは味わい濃厚です。
野菜との調和で、良いバランス。





トリュフリゾットを詰めた穴子のポワレ、松茸のアクセント。
素敵な一皿でした。
松茸はとうもろこしの粉で作った薄い皮で包み揚げ。
熱々で香り充溢、旨み炸裂です。
11100356.jpg
美木さんも「これは旨い」と絶賛!
トリュフリゾットを詰めた穴子も見事。
トリュフと米はいい相性、そこに穴子のコクが絡みます。




長崎産 甘鯛の松笠揚げ、
焼き茄子と秋のキノコ、軽いバターソース。
11100360.jpg
甘鯛はうろこ付きでカリッと焼き上げる。この香ばしさがいいです。
バターソースのコクも素敵な一品です。





締めは小鴨か仔羊のチョイスでしたが、
僕は仔羊にしました。
仔羊のロティ、プロヴァンスハーブの風味。
11100361.jpg
がっつりボリュームありでした。
スパイスのよく利いた仔羊です。
食べ応えありの嬉しいメインとなりました。




デザートは
ガトーショコラ、紅茶のブリュレ、タルト・フロマージュなど
11100364.jpg
シェフのスペシャリテが盛りだくさんです。





ラストに
11100367.jpg
エスプレッソ。




師匠・美木さんと
オーナーシェフの佐藤さんの、記念撮影です。
  「佐藤、また京都に一緒に食べに行こう」
  「分かりました。行きます」など
二人であの店、この店に行こうなどと話は盛り上がっていました。
11100368.jpg
こんな師弟関係いいですね。


そして、
今回の食事会にご参加いただいた皆様、
佐藤シェフ、
美木さん、
ありがとうございました。

シェ・ローズ
神戸市中央区山本通3-7-25 メゾントーア1F
078-242-1014





最新刊のお知らせです。
tan_hyoshi.jpg
門上が「あまから手帖」で連載中の「僕を呼ぶ店」が
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」という単行本となりました。

投稿者 geode : 2011年10月 3日 08:11