« 「婆沙羅」  京都・新門前・中華料理 | メイン | 「大仁門 色内本店」   北海道・小樽市・焼肉 »

2011年8月29日

「炭火割烹 いふき」 京都・祇園・日本料理

炭火焼をメインとした割烹
「いふき」が先斗町から祇園に移り、初めて訪れました。


前とは異なり、カウンターの中がかなり広く、
炭の焼台から少し距離が出来たので、熱さを感じる度合いが違います。
DSCN5023.jpg


最初に三品並びます。
スッポンの卵豆腐、

082972.jpg

蛸の柔らか煮、

DSCN4973.jpg

昆布森の毛ガニです。

DSCN4974.jpg
これで食欲に一気に火がつきます。

つづいて
鱧の生造りとアワビの肝ソース。

DSCN4977.jpg
アワビは軽く炭火で火を入れます。
食感はそこそこ硬いのですが、噛むと旨みが生まれます。

椀はモチクジラの白味噌仕立てです。

DSCN4979.jpg
身体が温まります。


鱧の寿司です。

DSCN4982.jpg
下の海苔でくるっと巻いて食すのです。いいですね。


赤万願寺唐辛子にはキジのミンチを詰めてあります。

DSCN4987.jpg
ほかに鷹ヶ峰唐辛子、新銀杏、衣かつぎです。
季節は早いですね。


イチジクに冷たいゴマのピュレです。

DSCN4989.jpg
中にはアピオスが隠れています。

鮎は、

DSCN4991.jpg
このように食べやすいスタイルとなっていました。
すべて食べつくします。


焼いたスッポンの身です。

DSCN4993.jpg
これは言われなければ分かりません。
鶏のようです。


海そうめんに長芋、

DSCN4994.jpg
モロヘイヤです。

北海道の牛肉。

DSCN4997.jpg
この艶っぽい色合いが素晴らしい。
香りがいい。


白ずいきに蒸しアワビ、湯葉。

DSCN5000.jpg
ほっとする一品です。

大和郡山のコシヒカリです。

DSCN5003.jpg
甘い。

器に、歴史がある

DSCN5005.jpg
香の物。

ここからまた、

DSCN5006.jpg
壬生菜と揚げのたいたん。


宍道湖の鰻です。

DSCN5007.jpg
さっぱりとして美味。

黄金桃のゼリー寄せ。

DSCN5010.jpg
ドライトマト。

ようやくほっとしました、

DSCN5012.jpg
宇治金時。

唐板に

DSCN5014.jpg

金平糖。


チャーミングな奥様と律儀な大将、
そしてスタッフのコンビネーションが見事です。
いい食事の時間でした。

DSCN5018.jpg


炭火割烹 いふき
京都市東山区祇園町南側570-8
075-525-6665




tan_hyoshi.jpg
門上が「あまから手帖」で連載中の「僕を呼ぶ店」が
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」という単行本となりました。

9月3日(土)14時〜
大阪・堂島アバンザのジュンク堂本店さんで、
刊行記念のトーク&サイン会を
させていただくことになりました。
詳しくはこちらです!



出版を記念して、単行本に掲載された
京阪神の3軒でトークショウ&食事会を開催させていただきます。

9月10日(土)京都「ドゥーズ・グー」
9月18日(日)大阪「イル・チプレッソ」
9月30日(金)神戸「シェ・ローズ」

詳しくはこちらのあまから手帖HPをご覧下さい!

投稿者 geode : 2011年8月29日 11:26