« 「ヴレ・ド・ヴレ シェ・ヒロ」   大阪・新町・フランス料理 | メイン | 「婆沙羅」  京都・新門前・中華料理 »

2011年8月25日

「川原町泉屋」岐阜・川原町・川魚料理

今月初旬に衝撃を受けた岐阜「川原町泉屋」の鮎。
そちらの「鮎ラーメン」です。
11082558.jpg
これも結構感動ものです。

店主の泉善七さんが数年前に
「鮎ラーメンを作ろうと思っているのです」と話をされていた。
そこから何度も試作を繰り返し、
ようやく完成したのが数年前だ。

スープは金華ハム、和の出汁と鮎からの出汁がベース。
そして追いカツオのように、
焼いた鮎の身をほぐし入れる。
したがってスープは濃厚にしてキレがいい。

麺は飛騨のちぢれ麺である。
11082560.jpg

そこに鮎の焼いた開きが入る。
この鮎を崩しながら食べると、スープが次第に濃くなってゆく。

このあたりで、かなりの感動なのだが、
まだまだそこでは終わりません。

麺を食べ終わると、残ったスープ御飯を入れる。
つまり鮎雑炊の出来上がり。
11082561.jpg
スープの味わいがくっきりとするのだ。
この変化を愉しむのです。

これが僕の鮎ラーメンの基準になってしまった。恐ろしいことです。


「川原町泉屋」
岐阜市元浜町20
058-263-6788



tan_hyoshi.jpg
門上が「あまから手帖」で連載中の「僕を呼ぶ店」が
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」という単行本となりました。

9月3日(土)14時〜
大阪・堂島アバンザのジュンク堂本店さんで、
刊行記念のトーク&サイン会を
させていただくことになりました。
詳しくはこちらです!



出版を記念して、単行本に掲載された
京阪神の3軒でトークショウ&食事会を開催させていただきます。

9月10日(土)京都「ドゥーズ・グー」
9月18日(日)大阪「イル・チプレッソ」
9月30日(金)神戸「シェ・ローズ」

詳しくはこちらのあまから手帖HPをご覧下さい!

投稿者 geode : 2011年8月25日 09:52