« 「中国料理 瑞兆 」 大阪・堂島ホテル・中華料理 | メイン | 「吉寅」 大阪・本町・鰻料理 »

2011年7月27日

「酒中花 空心」 大阪・新町・中華料理

京都から中華料理の料理人がやってきました。
大阪・新町の「酒中花 空心」へ。


前菜から
なかなかのスタートです。五種盛りです。

まずは、

11072785.jpg
金柑の香味蒸し 鶏皮のエビ味噌揚げ。


カリッとした鶏皮に、金柑をのせて食べるのです。

11072791.jpg
エビ味噌の香りと味と、
金柑の濃厚さがマッチしてインパクトのある一品。


イベリコ豚の舌のトマトの甘酢 ニンニク醤。

11072786.jpg
舌の食感とニンニクの不思議なハーモニー。


ピーマンの含め煮 牛肉の冷製豆板醤の香り。

11072787.jpg
ピーマンは予想よりさっぱり。
牛肉はしなやか。

黄ニラと錦糸卵 ピータンのソース。

11072788.jpg
これはピータンの粘りある口当たりと、
卵などの出会いが見事に結実していました。

アワビの紹興酒漬け 枝豆のジャスミン茶漬け。

11072789.jpg
香りの複合ですね。


有頭海老の濃厚チリソース煮込み。

11072793.jpg
色目も濃厚で、味もしっかりのっています。

骨付きもも肉のパリパリ揚げ キウイと実山椒ソース。

11072794.jpg
このソースの存在感は大きいです。

やわらか角煮の特製黒酢酢豚。
視覚的な印象の強いメニューです。

11072797.jpg
一度揚げてから、さらに煮込む酢豚です。

フカヒレの姿煮込み 北京仕立て。

11072701.jpg
かなりとろみのあるソースですが、
フカヒレの下には山芋の団子があります。


たっぷり葉にんにくの四川麻婆豆腐。

11072705.jpg
これは結構刺激的でした。
辛みもよく利いていました。

しじみの汁ビーフン。

11072707.jpg
思い通りの味わいです。

ラストは、

11072711.jpg
くみ上げ杏仁豆腐。
これで締めました。

じっくり楽しめる料理でした。

11072713.jpg

酒中花 空心
大阪市西区新町1-21-2 1F
06-6532-7729


8月23日に
門上が「あまから手帖」で連載中の
「僕を呼ぶ店」が単行本となります。
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」というタイトルです。

投稿者 geode : 2011年7月27日 11:56