« 「仙台ミツバチプロジェクト」 仙台からの便り | メイン | 「神戸元町別館牡丹園」 神戸・元町・中華料理 »

2011年7月20日

「亀の井別荘」 大分・由布院・旅館

由布院・亀の井別荘に泊まりました。
一泊二日の旅です。


談話室と呼ばれる空間。
タンノイのスピーカーに蔵書がぎっしり。

11072062.jpg

いい時間の流れがあります。


晩御飯は

11072069.jpg
「湯の岳庵」です。

前菜は

11072072.jpg
バスク豚の生ハム、これが見事。
大分佐伯のアスパラガス。
枝豆はだだちゃ豆。

椎茸も大分の名産です。

11072076.jpg
これをじっくり焼きます。

11072077.jpg
汗をかいてきたら大丈夫。
カボスと塩で甘み充溢です。


九重山系の鹿です。

11072079.jpg
二日前に解体。
肌理は細かく、ルッコラとチーズの相性も素晴らしい。

11072081.jpg
塩も利いています。


スープは、

11072084.jpg
とうろこしのスープ。



すっぽんの唐揚げ。

11072087.jpg
味が濃いです。

鰻の蒲焼。

11072092.jpg
鰻も大分の産物。

サラダをはさんで。
11072096.jpg

料理長の登場です。
豊後牛の塩釜焼き。
このパフォーマンスも美味しさのうちです。

11072097.jpg
なかはこんな感じです。

11072098.jpg
いい色に焼きあがっています。

11072001.jpg
ローストビーフ状態ですね。
まずはそのまま。

11072004.jpg
かぼすを数滴、次に塩。
それぞれ異なるうま味を感じます。


御飯は、

11072006.jpg
鮎の炊き込みご飯です。

11072007.jpg
苦みあり、ほんのり感あり。
上質。


デザートは

11072010.jpg
くずきり。


風呂に入り、ぐっすり眠りました。


翌朝の朝ご飯は、野外で。
このような木の下で。

11072013.jpg
贅沢な朝のひとときでした。

由布院の魅力を再び知った旅でした。

亀の井別荘
大分県由布市湯布院町川上2633−1
0977ー84ー3166

8月23日に
門上が「あまから手帖」で連載中の
「僕を呼ぶ店」が単行本となります。
「門上武司の僕を呼ぶ料理店」というタイトルです。

投稿者 geode : 2011年7月20日 12:01