« 「茶香房 長竹」 京都・先斗町・茶香房 | メイン | 「唐彩房 大元」 大阪・西天満・中華料理 »

2011年5月11日

「うずら屋」 大阪・京橋・焼き鳥

元気印の
オーナー・宮本幹子さんの店「うずら屋」です。


まずは、
キャベツと味噌が出ます。

11051172.jpg
これが滅法旨くて、
何度もおかわりなんです。


最初は「生を盛り合わせましょうか」ということで、
肝、心臓、胸肉の昆布締め、ずり、ささみです。

11051174.jpg
ささみは淡海地鶏で、それ以外は比内鶏。
昆布締めの胸肉はすばらしい。


ざる豆腐。

11051175.jpg
これは桜ノ宮の豆腐屋さんで作られているとのこと。

つくねです。

11051176.jpg
これも独特で
パン粉の焼き具合と香ばしさがポイントですね。


せせり。

11051180.jpg
首の周辺のお肉。
コリッとした食感と旨み凝縮です。
必ず頼みます。


ソリレス。

11051182.jpg
フランス語では「それを残す者は愚か者」、
と、言われるひざの内側の肉。
希少価値があり、脂分の旨みあり。

ジャガイモ(北あかり)のバター添え。

11051183.jpg
これはおいしいに決まっています。

皮。

11051186.jpg
パリッと香ばしさの後から
噛み締める楽しみありです。

これぞ、

11051187.jpg
葉たまねぎ。


ナンコツ。

11051188.jpg
コリコリと食べ応えあり。


他の素材も含め、

11051194.jpg
こうして焼かれています。
香りがいつまでも食欲をアップさせ、
さすが彼女の腕前ですね。

店名のうずら。

11051192.jpg
国産です。かじるのです。

最後は、

11051197.jpg
焼きおにぎりで締めました。


ここでは情報の交換など、
楽しい時間が過ぎてゆきます。

11051198.jpg


うずら屋
大阪市都島区都島中通3-5-24
06-6927-3535

門上は
「ハイハイQさんQさん」
   http://www.9393.co.jp/
というサイトの中で
「今日感会 〜一食たりとも無駄にせず〜」という
コラムを週に2回書いています。
   http://www.9393.co.jp/kadokami/index.html
火曜日は全国の珈琲店がテーマ
金曜日は関西の飲食店がテーマ

是非ごらんください。

投稿者 geode : 2011年5月11日 10:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/264