« 「民生 廣東料理店」 神戸・南京町・中国料理 | メイン | 「ヴィ・ザ・ヴィ」 京都ブライトンホテル・フランス料理 »

2011年1月 5日

「四季彩」 守口ロイヤルパインズホテル・ 日本料理

正月は毎年家族が集まります。

いつもは兄の家なのですが、
今年は大阪・守口ロイヤルパインズホテルの
「四季彩」です。


初夢を思わせる一富士や鯛が置かれていました。

11010568.jpg

箸付は
数の子、揚慈姑、養老巻き、蒸鮑、田作り、
車海老干子焼、萵苣薹西京漬です。

11010575.jpg
慈姑は一度煮てから。


御椀は
鶯白玉雲丹鋳込、水引紅白、舞茸、松葉柚子です。

11010580.jpg
お雑煮なのですが、鶯色した白玉の中に雲丹が入っています。
ほどよい味わいです。

11010581.jpg
椀蓋には「夢」の文字が。

御凌は
赤飯、口切の唐墨、菊蕪、二鷹です。

11010582.jpg
赤飯には唐墨が、これがいい塩分とうま味。

造里は
大間の鮪、氷見の寒鰤、天鯛、かわはぎ野菜巻、
青利烏賊、わさび、あしらいです。

11010591.jpg
大根の箱に入っているのが天鯛です。
醤油、塩、梅肉がついています。
鮪や烏賊、鰤のインパクト強しです。


煮物は
海老芋、伊勢海老桑焼、新竹の子、手毬人参、
菜の花、治部煮餡、裏白木の芽です。

11010593.jpg
餡には少し山葵を溶いであるので、その香りと味がいいです。

焼物は
和牛塩山椒焼き、クレソンサラダ、門真蓮根、蕪、
ぜんまい、添え野菜、山葵ドレッシングです。

11010506.jpg
和牛は塊で焼いたものを切り分けです。
紫蘇や山葵のソースが和の演出です。旨い牛肉です。

小鍋は
ふかひれ、冬大根、丸仕立て、青梗菜、露生姜です。

11010509.jpg
澄んだすっぽんのスープがふかひれによく合います。
そのスープを吸った大根のおいしいこと。

食事は
蟹御飯です。

11010518.jpg
蟹の風味と味わいが生きています。

留椀は

11010526.jpg
いりこ味噌汁、三なすび、小玉葱、青味です。

惣菜は
昔ながらの食養生。

11010520.jpg
切干、ひじき、高野豆腐・煮豆。


加えて、

11010521.jpg
赤蕪、千枚漬、白菜柚子です。

果物は
バニラアイスに三年梅酒、醤油のゼリー、マンゴーなどです。

11010529.jpg
梅酒とバニラはいい相性。

締めに小松菜とハチミツのジュース。

11010531.jpg
すっきりとします。

佐々木生剛料理長の魂の入った料理を正月から堪能しました。
ありがとうございました。

日本料理・寿司 四季彩
守口ロイヤルパインズホテル
大阪府守口市河原町10-5
06-6994-1111(代表)

投稿者 geode : 2011年1月 5日 15:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/189