« 「カ・セント」 神戸・中山手・スペイン料理 | メイン | 「民生 廣東料理店」 神戸・南京町・中国料理 »

2010年12月27日

「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理

予約が難しくなりつつある「大渡」。
年に数回一緒に食事をするメンバー
(二人は東京から)5名の会食です。


福井のかぶら寿司を解体、再構築した一品。

10122778.jpg
蟹とカブラが入り、
井戸水で作ったジュレがかかります。


椀物は白味噌仕立で、
椀種はくじらのコロとゴボウ。

10122779.jpg
これは美味です。

10122783.jpg
蟹を捌く大渡真人さん。

津居山のセコ蟹。
こっぺです。

10122785.jpg
これはシンプルですが、
舌を覆いつくす旨さです。


鯖寿司には赤かぶの千枚漬けがプラスされます。

10122788.jpg
この組み合わせが素晴らしい。

氷見のブリです。

10122792.jpg
山芋の昆布締めを合わせるところなど
大渡さんの特色です。

椀物は大根とカラスミ。
焼いたネギが入ります。

10122793.jpg
出汁はすっぽんからも取っています。
濃厚な味わいとネギの香ばしさも合います。


柚子釜ならぬ柚子風呂。

10122795.jpg
白子のペースト、カリフラワー、ピスタチオが加わります。
これもアイディア豊かな一皿。

10122798.jpg
琵琶湖の本モロコ。

海老芋をシンプルに。

12122701.jpg
いいですね。


すき焼きも登場です。

10122705.jpg
温泉玉子が魅力的。


10122707.jpg
炊き立ての御飯は見事。

漬物があり、

10122708.jpg

10122709.jpg

ちりめん山椒も。

おこげです。

10122710.jpg
パリポリした食感も
楽しく美味。

わらび餅に

10122712.jpg

10122714.jpg

抹茶です。

いつもながらの楽しい食事の時間です。


祇園 大渡
京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252

投稿者 geode : 2010年12月27日 11:37