« 「芝苑」 大阪・西天満・日本料理 | メイン | 「奈良フードフェスティバル 木村篤司×大宜味剛」 奈良・奈良公園・日中料理 »

2010年10月22日

「奈良フードフェスティバル 浅井卓司×今村浩之」 奈良・奈良公園・伊中料理

この日は、
苦楽園のイタリア料理店「イ・ヴェンティチェッリ」の
浅井卓司さんと
夙川の中華料理「ラヴェニール・チャイナ」の
今村浩之さんのコラボレーションです。


前菜はスコットランド産の雷鳥と春鹿の酒粕のミルキーなリエット 
サラダ茄子と林檎のインサラータ 
軽いブルーチーズのソースねずの香りで。

R1052583.jpg
最初から結構刺激的なメニューが登場しました。


三輪素麺の冷製。

R1052587.jpg
これが見事でした。デュラムセモリナ粉で作った素麺です。
食感が独特で歯応えが充分あり。


鹿肉と大和まなの湯葉包み蒸しスープ仕立て オリーブの香り。

R1052590.jpg
スープは上湯で鹿肉との相性素敵でした。


渡り蟹と結崎ネブカ、ドライトマトの香りソテー。

R1052591.jpg
渡り蟹の濃厚な味わい。トマトもネブカもインパクトありです。


ヴァンデ産仔鳩の沙茶醤とマルサーラ酒のマリネのロースト 
香り牛蒡の焼きリゾットを添えて。

R1052597.jpg
この鳩の鉄分の味が素晴らしく、記憶に残っています。
牛蒡のリゾットもよしです。


大和肉鶏「卵が先か?ニワトリが先か?」。

R1052600.jpg
肉鶏の火入れが見事です。皮目はパリッと中はしっとりです。


鶏肝、モッツァレラ、蒸魚のピリ辛ヌードル。

R1052603.jpg
これは麻婆ヌードルですね。


新蕎麦粉の甘い蕎麦掻「ニョッキ」番茶のジンジャー風味のシルクロードなチャイ 
お豆と柿のカンパリの香りで。

R1052606.jpg
チャイと蕎麦掻が合うんですね。


エスプレッソで締めです。

R1052607.jpg



中華とイタリアンがうまく絡み合い、コースを作っていました。


奈良フードフェスティバルは今月末まで。
まだまだ刺激的なプログラムありです。

投稿者 geode : 2010年10月22日 08:40

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/144