« 「まんまるの月」 京都・三条東洞院・鉄板焼 | メイン | 「洋食レストラン カラーズ」 大阪・北新地・洋食 »

2010年9月30日

「あらかると」 大阪・天神橋筋5丁目・居酒屋

5歳年上のアート・ディレクターが突然心筋梗塞で死去、
その通夜が天神橋4丁目の会館でありました。
終了が午後8時過ぎ。
近くに友人の医者がいたので、彼を誘い出し夕食としました。

「あんまり取材とか受けない店やけど」と
訪れたのが「あらかると」という店です。

小さなカウンターがあり、その中で女性二人が調理とサービスです。
メニューは魅力的な文字が並んでいます。


賀茂なすでイタリアン、から始まりました。

10093028.jpg
賀茂なすに特製トマトソースをかけ、
その上にとろけるチーズを重ねるというものです。
チーズのやや焦げた香りが食欲をそそるのです。


切るとこんな感じです。

10093032.jpg
チーズのコクとソースの酸味に
賀茂なすの旨みの合体は、見事なイタリアンでした。


まぜまぜ温サラダ。
14種類の野菜が入っています。

10093030.jpg
子メロン、レンコン、オクラ、カボチャ、ニンジン、
ベビーコーン、芽キャベツ、アスパラガスなど、
それぞれきちっと食感もあり、噛むとその味わいが満喫です。
クリーム系のソースとの絡みもいい塩梅です。


山芋のステーキです。
これは醤油の焦げた匂い、
つまりメイラード反応、が気持ちを盛り上げます。

10093034.jpg
醤油、のり、山芋という黄金コンビはステーキにしても変わりません。

サーロインステーキです。
適度なサシが入っています。

10093037.jpg
回りはカリッと焼け、
中身にはじんわり火が入り、その加減もいい。

10093039.jpg
すりたてのワサビをたっぷりつけても香りだけ。
脂分が持つ旨みに反応です。


じゃがいもと明太子のおやき。
全体のほくほく感と明太子のプチプチ感。

10093040.jpg
ジャガイモの甘み、明太子の辛さ。そのバランス。

締めはやきやきごはん。

10093043.jpg
じゃこが利いています。

いろんなメニューがあり、
それぞれのクォリティも高く、
リラックスして食事をすることができました。


あらかると
大阪市北区池田町8-11-6 天満パールビル2階
06-4800-8684

投稿者 geode : 2010年9月30日 10:19