« 「ルポンドシェル」 大阪・北浜・フランス料理 | メイン | 「祇園さゝ木」 京都・祇園・日本料理 »

2010年9月17日

「上賀茂秋山」京都・上賀茂・日本料理

久しぶりの「上賀茂秋山」です。
夕刻の6時半スタート。
すでにあたりは暗く
秋がやってきたのだなという感じを受けます。

鱧を切る秋山さん

R1051784.jpg
「これは韓国産ですね」。

スタートの一品、鱧です。
ズイキ、糸ウリ、畑シメジ、コリンキ、
山科ナス、貝柱、ウリズンなどが入ります。
山葵とスダチです。

R1051785.jpg
いい感じで始まりました。胃袋が喜んでいます。

椀物は鯛に松茸、カボチャ、ナスです。

R1051787.jpg
鯛がしっかり旨いです。

造りは明石のブリ、三日間熟成させた鯛、若狭のヤリイカ、
アジ、アジのなめろうです。

R1051790.jpg
明石のブリの脂ののりが凄い。

ハラミの部分は醤油に少し浸してから。

R1051792.jpg
それで丁度いいぐらい。

焼鯖は、たまねぎ醤油で。これがいけました。

R1051795.jpg
たまねぎの甘みも利いています。


定番の黒米のお粥です。

R1051797.jpg
ほっこりします。

八寸です。
焼きナスに淡路・由良のウニ。
ばち海老にモロッコインゲン、枝豆の白和え、三つ葉などです。

R1051799.jpg

にしんとナス。

R1051803.jpg
こんな料理がぽんとでるのが秋山さんらしい。
いいですね。

美山の天然鮎はしっかり焼いて、
うるかのソースと、たでのソース。

R1051804.jpg
うるかはもち米で煮込んでいます。このバランスが見事です。


鱧の揚げ物には鷹が峰の赤唐辛子、
ソースには長芋も入っています。

R1051809.jpg


締めの鍋はサワラのしゃぶしゃぶとオクラの花です。

R1051810.jpg
サワラもしっかり脂がのり旨いです。

R1051811.jpg

さあ、炊き上がりの白ご飯。

R1051812.jpg

香りも見事、舌を転がる甘さが素敵。

R1051813.jpg

サワラの皮目を焼いて。

R1051814.jpg
これもご飯にぴったり。


卵かけごはんもいってしまいました。

R1051815.jpg


果物はポポです。

R1051818.jpg

別室に移り、抹茶です。

R1051820.jpg

いちぢく大福。

R1051821.jpg

抹茶です。

R1051822.jpg

いい時間の流れでした。
秋山さんはじめ、スタッフのチームワークも素晴らしく、
料理もパワーアップしています。

上賀茂秋山
京都市北区上賀茂岡本町58
075−711−5136

投稿者 geode : 2010年9月17日 12:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/122