« 「宝屋 新大阪店」 大阪・新大阪・ラーメン | メイン | 「EATALY (イータリー) 代官山店」 東京・代官山・イタリア料理 »

2010年8月27日

「鮨 生粋(きっすい)」 神戸・摂津本山・鮨

改装が終わってから初めて伺いました。
「あまから手帖」編集部のメンバーとです。

最初は切ってもらうことにしました。


あこうです。

10082774.jpg

なんとも優しき味わい。



いぶしかつお。これが見事。

10082775.jpg
皮目はふんわり火が入り、
でも薫香はきっちり、そして旨い。

礼文島のバフンウニです。

10082777.jpg
甘い。


鱧のあぶり。

10082778.jpg
香りもごちそう。

蒸しあわび。

10082779.jpg
やはりこちらも香りですね。


もくず蟹の殻に

10082781.jpg
紅ずわいです。


鮎の焼き霜ですが、酢で締めたものです。

10082782.jpg
美味しい。

もずく。

10082783.jpg


鰻の白焼き。

10082784.jpg


穴子の肝。

10082785.jpg
山椒とともに。

生のりに

10082786.jpg
ジュンサイです。


ここから、握りに移ります。

鯛の昆布締め。

10082788.jpg
寿司飯は赤酢です。


イカ。

10082789.jpg
甘みが攻めてきます。

づけまぐろ。

10082790.jpg
なんとも良い色彩。

中トロ。

10082791.jpg
大間ということです。


新子。

10082792.jpg
酢の具合が絶妙です。

煮あさり。

10082793.jpg
甘さも素敵。

かすご。

10082794.jpg


海老。

10082795.jpg
この形は江戸前です。

由良のウニ。

10082796.jpg
この甘みは強烈です。

穴子2種、
まずはつめです。

10082798.jpg

10082799.jpg
そして、ワサビで。


卵で締めるところ。

10082700.jpg


もう一品追加で「新子とガリ」の巻物です。

10082701.jpg
これも江戸前の仕事ですが、
新子なんで上品な仕上がりです。


店内もじつにシンプルで清潔感漂い、
いい寿司店の風情を感じます。

ご主人・福原大介さんのキャラクターも素晴らしいです。


鮨 生粋(きっすい)
神戸市東灘区本山中町3-3-6
078-411-1904

投稿者 geode : 2010年8月27日 09:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/107