« 「カハラ」 大阪・北新地・創作料理 | メイン | 「ちんや」 博多・中州・精肉&肉料理店 »

2010年7月15日

「Fujiya1935」 大阪・内本町・スペイン料理

この日は、数ヶ月ぶりの「Fujiya1935」です。
編集者や宿の広報担当者などと一緒です。


ウニとアワビとじゅん菜 チャコリとバルサミコのソース。
10071598.jpg
バルサミコのアイスが印象的でした。

レモンの冷たいスナック。
10071501.jpg
手でつかむのですが、
すぐに泡のように消え、
レモンの香りだけが残ってゆきます。


クロレラの葉
エビ風味のラスク
10071503.jpg
クロレラの葉はほうれん草です。
エビ風味のお菓子のようです。


一口サイズのトリュフ
10071504.jpg
見た目も味もトリュフです。

気泡を含ませたトマトのパン モッツァレラ バジル。
10071506.jpg
ホントにふんわりとした食感に驚きです。

トリュフ風味のとろけるチーズと緑野菜。
10071507.jpg
これが板状のとろけるチーズです。

そして野菜達。
10071508.jpg
そこにとろけるチーズを置くと、
野菜の温度で溶けてゆくのです。

10071509.jpg
こうしてソースになるのです。

10071510.jpg
トリュフの香りが舞い、
野菜の甘さと見事な一体感。

岩塩で包み焼きにした稚鮎 サヤインゲンのスープ。
この岩塩の中で稚鮎は火が入るのです。
10071512.jpg
それをサヤインゲンのスープにつけて
稚鮎の塩分を落とします。
この塩分がスープに味をつけます。

10071513.jpg
完成品です。

10071516.jpg
ちゃんと稚鮎の苦味もあり見事な味わいでした。


10071517.jpg
ぷっくり焼けたパンです。

ふっくらと仕上げた明石産穴子 オクラのソース。
10071519.jpg
これは予想をこえる旨さでした。

クリアなトマトのスープ オリーブオイルのジェラート。
10071521.jpg
このバランスの良さ。
オリーブオイルのジェラートが素晴らしい。


サザエのリングイネ 鮑の肝のフレーク。
10071522.jpg
鮑の肝のフレークがじつに効果的です。
これは傑作です。

スパイシーな仔豚 アボカド トマト。
10071524.jpg
じっくり火入れをした仔豚の食感。


ホワイトチョコレートとバラの冷たいマシュマロ。
10071526.jpg
デザートですが、ふんわりとしたつかみ心地。

メロンとパセリのジェラート ミルクのタマゴ。
10071529.jpg
これも発想豊かな一品です。


ミント風味のチョコレートのジェラート
10071530.jpg
クリームは、ライムのクリームとローズマリーです。


スペインのやや塩分の強いガス入りの水でした。
10071532.jpg


相変わらずクリエイティブな料理の
オンパレードでした。

Fujiya1935
大阪市中央区鎗屋町2-4-14
06-6941-2483

投稿者 geode : 2010年7月15日 10:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/80