« 「イタリア料理 アルファロ」 大阪・淀屋橋・イタリア料理 | メイン | 「Fujiya1935」 大阪・内本町・スペイン料理 »

2010年7月14日

「カハラ」 大阪・北新地・創作料理

たった8席のカウンターで繰り広げられる
「カハラ」森義文さんの世界を堪能しました。

10071457.jpg


大阪・柏原で採れるナイアガラという品種の
生ぶどう酒。

10071459.jpg
こんな箱の器が届きました。

空けると、中にはバジルシードが見えます。
その下にはどじょうとどじょうの子、もやしが入っています。
10071461.jpg
インドのマスタードオイルが辛みをプラスします。
どじょうやもやしなど食感の違いから美味しさも生まれます。

前菜です。
10071462.jpg
この美しい眺め。


鱧の焼霜にタスマニアのマスタード。
10071463.jpg
そしてアンチョビとトマトです。


ジャガイモの鎖、海苔、
クロワッサンの生地に穴子のフリット、トリュフ塩です。
10071464.jpg
この穴子の旨味が強い。

剣先イカ。
10071465.jpg
琵琶湖の稚鮎です。

海苔には、
焼いた吉田牧場のカチョカバロ。
10071466.jpg
まるでカラスミを塗ったようなうま味を感じるのです。

フカヒレです。
10071469.jpg
コンソメで味をしっかり含んだフカヒレに
カチョカバロの味がプラス。
賀茂茄子も良いです。


十割そばにカラスミ。
10071470.jpg
これも「カハラ」森さんのスペッシャリテです。

冬瓜の器に
10071474.jpg
アワビ、干しなまこ、博多すぎたけ、
ドラゴンフルーツのつぼみです。


パプリカのスープ。
10071475.jpg
さっぱりして、いい口直しとなります。

ステーキミルフィーユにつく春菊、
そこへ蕎麦の実や錦胡麻がかかります。
10071477.jpg
この香ばしさがたまらないのです。

ステーキミルフィーユ。
10071479.jpg
伊賀牛5枚重ね。


たっぷりの山葵を載せるのですが、
10071480.jpg
辛みは消え、香りだけが残っています。

金針菜の花。
10071481.jpg

そうめんかぼちゃ。
10071482.jpg

金時草。
10071483.jpg


とうもろこしご飯。
10071485.jpg
とうもろこしと御飯のハーモニーにうっとりです。

香の物。
10071487.jpg


10071488.jpg
ワシントンで採れるサクランボとピーチパイナップル。

10071491.jpg
ジュンサイと白玉小豆はシロップで。
この発想は見事です。


奥は珈琲豆にチョコレートのコーティング。
この珈琲は東京の堀口珈琲研究所のもの。

10071493.jpg
クミンシードのシロップ。

10071494.jpg
チャイです。

常に前を向いて走り続ける森 義文さんに、
頭が下がる気分です。

10071495.jpg


カハラ
大阪市北区曽根崎新地1-9-2 岸本ビル2F
06-6345-6778

投稿者 geode : 2010年7月14日 12:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/79