« 「ガスビル食堂」 大阪・平野町・欧風料理 | メイン | 「三佳屋(みよしや)」 大阪・なんば・うどん屋 »

2010年6月18日

「博多 田中田」 福岡・清川・居酒屋

今年の二月に初めて訪れ気に入った店です。

この日は「博多座」で
歌舞伎「鬼平犯科帳 大川の隠居」が見事でした。
中村吉右衛門さんと中村歌六さんの掛け合いが素晴らしかった。

その後、
十名ほどで食事ということになり
「田中田」にやってきました。

突き出しは、
10061884.jpg
なすびの前菜。

造りの盛り合わせ。
10061886.jpg
ウニ、イサキの炙り、トロ、イカ、タイ、
鱧、小フグの酢のもの。
タイが旨い。

野菜のピクルス。
ガラスの容器に入って登場。
10061887.jpg
軽い酸味のある塩水。

10061888.jpg
でも、それぞれの野菜がしゃきっとして美味しいです。

がめ煮。
10061889.jpg
いわゆる筑前煮ですね。

フルーツトマトのサラダ。
10061890.jpg
チーズと山椒の組み合わせが美味。
山椒が利いてます。

田中田サラダ。
10061891.jpg
ニューサマー、ゴールドラシュ(トウモロコシ)、
水ナス、ニガウリ、タタミイワシなど。
結構食べ応えあり。


大根とすじの煮込み。
10061892.jpg
どちらもかなり煮込んであるので
柔らかさと味のシミ具合が見事です。
10061894.jpg
芥子を付けると味が締まります。

イカ天の炙り。
10061893.jpg
自家製でイカのプチッとした食感や味わい、
うれしいです。


梅山豚のカツレツ。
10061896.jpg
脂分が上品。甘みもしっかりあります。

天草大王モモの塩焼きです。
10061897.jpg
弾力ある歯応えから旨みがこぼれてくるのです。

オコゼの唐揚げ。
10061898.jpg
良いですね。


テールのポン酢。
10061899.jpg
ほろりと外れる柔らかさ。

テールスープ。
10061800.jpg
テールも二種の食べ方。

天草大王
10061801.jpg
ムネ肉のとり天です。

一夜干しのイワシを焼いたものですが、
10061803.jpg
その脂の乗り具合が素晴らしい。


カレー。
10061807.jpg
これもはずせません。

フルーツ。

10061808.jpg
真ん中のお皿ですが、
ぶどうの一種、
デラウエアの皮を取って出てきたのには驚きました。

この「田中田」の献立の多さと
バリエーションの豊かさには驚くばかりです。

後半には中村歌六さんも加わり、
盛り上がりを見せました。

10061809.jpg


博多 田中田(たなかだ)
福岡市中央区清川3-16-19 アーバントップ1F
092-522-1211

投稿者 geode : 2010年6月18日 10:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/60