« 「JAZZ Coffee & Booze M&M」 神戸・元町・ジャズ喫茶 | メイン | 「珈琲 蔦家」 京都・東洞院六角・珈琲専門店 »

2010年6月 8日

「北海道食大使 とらぬ狸」 埼玉・大宮・料理とワインの店

関西から2人、静岡から1人、
岐阜から1人、東京から1人の合計5名。
料理とワインを愛する仲間が集まりました。

大宮駅からすぐそば。雑居ビルの2階、
外から見ると居酒屋さん風情が漂っています。

ご主人の小口徹さんは、古酒が大好きというか
まさにオーソリティです。
1月には、いつものメンバーに小口さんが加わり、
大阪のレストランに集合しています。


今回は小口さんの「とらぬ狸」に。

10060826.jpg
ひま研牧場産「仔羊」を食べようということで、
集まったのです。


オードブルです。
厚岸湾牡蠣シャンパン蒸し&スモーク、山菜の天ぷら。
厚岸湾牡蠣は汽水域に生息する牡蠣で今が厚みのある味わい。

10060887.jpg
なんといっても
くるみのチップでスモークした牡蠣の旨いこと、驚きました。
そこに合わせたのは、Pol Roger Brut 93年です。
熟成の進んだシャンパンとスモークの出会いは強烈でした。
山菜はコシアブラにタラノメです。


前菜。
仔羊ランプの刺身に、レバーのたたき、埼玉「たま軍鶏」の刺身。

10060893.jpg
ここでもシャンパンを飲んでいたのですが、
赤もということになり、レバーのコクのある味わいには、

Charmes Chambertin 95年 Domaine Geantet-Pansiot です。
これも良いですね。


次は
ひま研牧場産「仔羊」の内臓串焼き
おじま自然農園産「たま軍鶏」内臓串焼き。

10060894.jpg
奥が串が仔羊です。
先からタン、心臓、横隔膜二種。
どれもしっかりとした味、濃厚なのです。
手前の串が、たま軍鶏です。
先からレバー、心臓、砂肝、玉。レバーの旨さには驚き。
ここでCh.Haut Batailley 70年が登場。


そして
ひま研牧場産「仔羊」炙焼き。
まずはヒレとロースです。
このロースの脂分が実に深みのある味わい。
コクや旨みが強いのに品があるのです。

10060803.jpg
ここに突然現れたのがBonnes Mares 29年です。
「状態がもっと良ければチーズの時に
 お出ししようと思っていたのですが、今お出ししました」と。
香りは少しマデラのような感じを受けるのですが、
味わいは十分楽しめました。


小口さんが
「次の鞍下肉の芯には白が合うと思います。香りなんです」
と出されたのが、Corton Charlemagne 92年 Louis Latour。
ミネラル分がいい具合に抜け始め甘みを感じます。

10060806.jpg
鞍下肉の芯と何の違和感もなく喉を通り、
胃袋に収まってゆきます。
初の体験ですが良い感じ。


最後は
おじま自然農園産「たま軍鶏」CC煮込み。
このCC煮込みはCorton Charlemagne 93年を
1本使ったとのこと。これは反則技のようなものです。
ソースが旨い。

10060809.jpg
「たま軍鶏」もかなりやります。
一度購入してみようかと思います。
そこに合わせたのがCorton Charlemagne 90年。
申し分なしです。アメを思わせる甘さです。


チーズはフランスから直送。

10060811.jpg
コンテには参りました。


ここで終わりかと思っていると
「とらぬ狸」特製のラーメンです。

10060815.jpg
スープは一番出汁に豚骨やたま軍鶏、
仔羊の骨などで取ったそうです。
ここだから可能となるラーメンです。


デザートは予想外でした。

10060825.jpg
ナッツのクレームブリュレ、
チーズケーキです。


今夜のワイン・ラインナップ。

10060822.jpg


最後まで手を緩めることなく続いた3時間余でした。
「とらぬ狸」の主・小口徹さんには感謝です。


北海道食大使 とらぬ狸
埼玉県さいたま市大宮区仲町1-1
ムサシビル2F
048-649-6388

投稿者 geode : 2010年6月 8日 13:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/53