« 「四川豆花飯荘」 東京・新丸ビル・中華料理 | メイン | 「菊乃井 本店」 京都・円山公園・日本料理 »

2010年5月28日

「自家焙煎 じゃ豆(じゃず)」 福島市・鎌田・コーヒー

雑誌の取材で福島県に出かけた。

その土地で「自家焙煎」という文字を頼りに、
珈琲屋を巡るのが
いつのまにか習慣というか流儀になってしまった。


福島県福島市でも出会った一軒。
自家焙煎珈琲「じゃ豆」。
じゃずと読むのです。

10052854.jpg
これは
マスターが珈琲好きで
ジャズも大好きに違いないと読みました。


ランチを済まし、
カメラマンのハリー中西さん、アシスタント、
そして仙台の友人で
東北の旅のナビゲーターの4人で訪れました。

10052850.jpg


入ってまず目に飛び込んできたのが
大好きなマンデリンの焙煎具合。
もうぎりぎりかと思う深煎りなんです。
これはすごいと唸りました。
オーダーはマンデリン。

しかし、当日マスターはお出かけ中。
そこにおられたマダムは
「マンデリンは、
 マスターじゃないと上手く淹れられないのです。
 先にじゃ豆ブレンドを飲んで頂き、
 マスターが帰れば、一杯プレゼントします」
とのこと。
仕方がありません。じゃ豆ブレンドにしました。

でも
これが香ばしくて香り高く、
かつすっきりと飲み口が素晴らしいのです。
10052852.jpg


マダムと深煎りやマンデリンが好きなことなど、
珈琲やマスターのジャズ好きのことなどいろいろ話しました。

結局のところ、
マスターは僕達が帰る時間には帰って来られず
「マンデリンの豆をプレゼントします」と。
またマンデリンのみ70℃のお湯で淹れる。
他の珈琲は80℃らしい。

帰宅してすぐに70℃のお湯で、マンデリンを淹れました。
苦味はしっかりありますが、
その中に甘みを感じるのです。

もっと丁寧に淹れることができれば、
さらなる甘みを引き出すことになったと思います。

こんな時、
ペーパーフィルターからネル・ドリップに
変えようかなと思ったりします。

10052851.jpg

自家焙煎 じゃ豆
福島市鎌田字町55-10
024-553-0157

投稿者 geode : 2010年5月28日 10:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/46