« 「ドゥーズ・グー」 京都・柳馬場三条・フランス料理店 | メイン | 「天ぷら&ワイン いわい」 兵庫・芦屋・天ぷら&ワイン »

2010年5月20日

「くいしんぼー山中」 京都・桂・ステーキ店

年に一度ほど
「飛び切りの牛が入りました」と
京都・桂の「くいしんぼー山中」の
ご主人から連絡を頂きます。

なにはさておき、
美味なる近江牛を求めて駆けつけます。


最初は
定番のジャガイモとバター。

10052035.jpg
永遠の組み合わせです。


この日は、アワビが入ったそう。

10052036.jpg
それも料理して下さるとのことです。


ご主人・山中康司さん。

10052038.jpg
ホントに牛肉が大好きな料理人です。


まずは生で食べる部位です。
左半分がヒレです。
右側がランジリ。
ランプの先っちょです。

10052040.jpg
これらを生で食べるのですが、
その品ある香りと広がる甘さ。
これでこの牛は見事と感じさせる力を持っていました。


次に見せてもらったのが、ステーキとビフカツ用です。
10052042.jpg
上の一片がリブ・ロースでカツレツに、
下の四片はヒレ・ミニヨンでステーキに、と。


アワビはコンソメで炊いてあります。
10052043.jpg
身は柔らかくなり、磯の香りも立ってきます。
そこに肝のソースがかかります。

10052044.jpg
なんと旨いんでしょう。

10052046.jpg
柔らかく歯が入ってゆく様や
ソースとの絡み具合などうっとりするぐらいでした。


コンソメです。これも贅を極めたコンソメ。
10052048.jpg
上品なのに旨みが濃厚。
さすがです。


いよいよステーキです。
10052049.jpg
この色艶には驚き、食して感動です。

10052051.jpg
パクパク食べてしまいました。
これが牛肉の旨さだとしっかり把握するのです。

カツレツもいきました。
この色をご覧ください。
10052054.jpg
味は閉じ込められています。
だから口に含んだ時のあふれ具合が破裂しそうです。

山中さんは「ガーリックライス」と呼んでおられますが、
これにも牛肉がびっくりするほど入っています。
10052056.jpg
これだけでも満足するようなご飯です。


この牛肉に出会えてよかった、
と思うディナーでした。
10052033.jpg

くいしんぼー山中
京都市西京区御陵溝浦町26-26
075-392-3745

投稿者 geode : 2010年5月20日 15:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/40