« 「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「ほのぼの屋」 京都・舞鶴市・フランス料理 »

2010年4月30日

「魚菜料理 縄屋」 京都・京丹後市・日本料理

先日の日曜日、
舞鶴から宮津、丹後半島一周という旅に出かけました。
何軒かで食したのですが、
晩御飯は「魚菜料理 縄屋」という料理屋。

3年ほど前に開店です。
開店早々に『あまから手帖』旅特集で取材をしたことがあります。
その際は、別の担当者が訪れていました。
よって僕は初めての「縄屋」です。
ここ1〜2年、いろんな人から話題は聞いていました。


テーブル席とカウンター。

10043075.jpg
このすっきりした空間が実にいいのです。
落ち着きます。


仕事は料理人の吉岡幸宣さんと
奥様が二人で対応です。

10043078.jpg
野菜はお母さんが作られるとのこと。


店内、カウンターの背にある器の棚。

10043085.jpg
ラインナップを拝見するだけでも
これからの食事に期待できます。


自家製のジンジャエールを飲みました。

10043087.jpg
適度な辛さと酸味が良いです。


蛍烏賊に生のアサリ、若布に山ウド。
10043091.jpg
生のアサリが旨さ充溢です。


椀物はエンドウ豆腐にバイ貝の葛たたき。
10043095.jpg
茗荷がたっぷり。
エンドウ豆腐は春の香りを運びます。


造りはアカメフグにエイです。
10043001.jpg
エイの造りは初めてです。
独特の食感があります。
ねっとりとしっとりの二重奏。
旨みものっています。


10043097.jpg
ポン酢と醤油の二種で。


続いて
吉岡さん手造りの炭火で焼かれた海鮎が登場しました。

10043006.jpg
味わいは優しいのですが、きちんとほろ苦さもあり。

10043008.jpg
これは貴重な一品です。


そこに竹野酒造の杜氏・行持佳樹さんが
「亀の尾蔵舞」と「錦蔵舞」という酒を持って登場です。
10043014.jpg
後者の方が料理との相性良しでした。
清酒や食事の話で盛り上がりました。


タコとワラビです。
10043016.jpg
ワラビはしっかり叩いてありました。
この食感と味わいのハーモニーが見事でした。


黒海老と百合根とコリアンダーの天ぷら。
10043021.jpg
コリアンダーが利いて素晴らしい。
もう一つ食べたいぐらいです。


筍、ひろうす。
10043025.jpg


白御飯に
10043028.jpg

10043029.jpg

漬物。
どちらも素敵なおいしさ。感動ものです。


最後に
10043035.jpg
蓮根もちにヨモギのアイスです。


よどみなく料理がサーブされ、良い時間の流れでした。
また仲間を誘ってゆきたいと思わせる一軒です。
10043073.jpg

魚菜料理 縄屋
京都府京丹後市弥栄町黒部2517
0772-65-2127

投稿者 geode : 2010年4月30日 11:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/29