« 「あやむ屋」 大阪・福島・焼き鳥 | メイン | 「山形屋市兵衛」 京都・伏見・パン屋 »

2010年4月 9日

「祇園 さ々木」 京都・祇園・日本料理

5名の宴席でした。

「FALL IN LOVE」、

10040916.jpg
お茶の名前です。


「祇園 さ々木」のエチケットが付いていました。

10040915.jpg
これはすっと喉を通る一杯です。


「海鱒のコンフィ、湯葉、帆立」から始まります。

10040918.jpg
海鱒は落花生油でコンフィに。
47℃で2時間半とか。いい火入れです。
ソースの柔らかな酸味が素晴らしいです。


「鯛の白子、アスパラ、そら豆、蛍烏賊の燻製」。

10040919.jpg
鯛の白子は梅酢で、その酸味が見事。


蓋を開けると、椀物は「あいなめ」です。

10040923.jpg
たっぷりと椀だねがある。

10040924.jpg
佐々木さんらしい装いです。


さあ、向付けです。
平皿に
五島列島の鮪のトロ、

10040930.jpg

その左側に、

10040929.jpg
山口の赤貝、
和歌山のカツオ、ヒラメのエンガワ。
このエンガワの厚みには驚きです。


そしてキンキの炙りを握ってくれます。

このように

10040932.jpg
しっとりした味わいです。


アジは

10040933.jpg
香住で少し酢で締めています。


熱々の筍と若布です。

10040935.jpg
筍は京都の塚原から。
若布がとろとろでなじみます。

次に釜から出てきたのは、牛タンの塩釜包みです。
それをスタッフが準備し、

大将が切ってゆきます。


この美しいこと。

10040940.jpg
歯応えもしっかりあって、
旨みのエキスが口の中で暴れます。
愛媛県西条市のトマトもいい酸味です。

御飯の前に一品。
「和のブイヤベースです」とのこと。

10040943.jpg
鯛、アイナメ、車海老、グジ、アサリ、
白菜、人参、昆布などが入ります。
このだしというかスープはさすがです。


そして締めの御飯は
麦トロ・マグロ御飯です。


大将が御飯を入れ、スタッフがマグロを置き、
次にとろろをかける。

10040953.jpg
流れる仕事ぶりがいいですね。


最後はノドグロにゅうめんです。

10040952.jpg
だしがよく効いています。

デザートです。

イチゴ100パーセントのソースに
バニラアイスと宮崎マンゴーです。

10040955.jpg


佐々木劇場満開で、あっという間の二時間半でした。

祇園 さ々木
京都市東山区八坂通大和大路東入小松町566-27
075-551-5000

投稿者 geode : 2010年4月 9日 12:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/15