« 「ブランチコーヒー」 愛媛・西条・コーヒー | メイン | 「とり安」 京都・烏丸押小路・鶏料理 »

2010年3月 1日

「イ・ルンガ」 奈良・春日野・イタリア料理

奈良のイタリア料理店です。
昨年開店した店ですが、結構予約で席が詰まっています。

この日は、気温も高く
近鉄・奈良駅から、歩いて「イ・ルンガ」に向かいました。
九州からいらした食いしん坊夫妻や
神戸のフレンチのシェフなどと。

オーナーシェフの堀江純一郎さんは、
イタリアでミシュラン一つ星を獲得した料理人。
無骨と繊細さが隣り合わせという、
迫力ある料理を作ってくれます。


まずは、
ワカサギの付き出しです。

10030106.jpg

下に敷かれたじゃがいものピュレとの出会いものです。


パンも

10030108.jpg

フォカッチャやはったい粉のパンなど多彩です。


ホエー(乳清)で育った馬肉のタルタルです。

10030110.jpg

元来タルタルは「馬から生まれた料理」という説があるのです。
つまり、タルタル人(タタール人)は遊牧民で、馬に乗って各地を回る。
そのとき食用の馬を連れる。
しかし、馬肉は硬く、そのために切った肉を鞍下に置き、
自らの体重と馬の運動で柔らかくしたと言われています。
そこに香辛料で味付けをしたものです。
そんな話をしながら食しました。
チーズも利いています。


有頭海老のソテー。

10030113.jpg

ソースは栗のハチミツ。
シェフに聞くと、
これはイタリア海岸沿いの郷土料理ということでした。
甘さが、なかなか強烈です。


ホワイトアスパラガスを生ハムで巻き、黒トリュフ。

10030114.jpg

卵のソースです。
生ハムの塩分がアスパラの旨みを引き出します。


このパスタこそシェフの真骨頂。
「うどんみたいでしょ」と言われたロンブリケッリ。

10030117.jpg

この食感と肉のラグーソースとの相性抜群です。
うっとり。


カボチャのリゾット 牛の膵臓にマルサラ酒のソース。

10030119.jpg

この膵臓のコリッとねっとりの歯応えから
内臓特有の味わい。いいですね。


メインは蝦夷鹿のロースト。
ロース部分です。

10030124.jpg

ソースを作るときに八角、丁字などが入ります。
香りも食感もこれまでの蝦夷鹿とは全く異なるものでした。
これもシェフの技。


お菓子は、

10030125.jpg

グラニテから。


続いて、

10030128.jpg

ラム酒のパルフェにバナナ。


最後に小菓子です。

ほぼ3時間食べ続けました。
喰らい、飲み、喋り続け。
平均年齢は50歳をはるかに超えていますが
健啖家の宴は楽しいモノであります。

10030129.jpg


イ・ルンガ
奈良市春日野16 ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」内
0742-93-8300

投稿者 geode : 2010年3月 1日 12:44