« 「restaurant itinéraires」 フランス・パリ・レストラン | メイン | 「claude colliot」 フランス・パリ・レストラン »

2010年2月 2日

「THOUMIEUX」 フランス・パリ・レストラン

パリ五日目の昼です。

昨年まで「ホテル クリヨン」のシェフを勤めていた
ジャン・フランソワ・ピエージュ氏が辞し、
新たな展開を始めました。

あのホテル王コスト氏の息子・チェリー・コスト氏と共同経営で、
老舗ホテル・ブラッセリー「THOUMIEUX」を買い取り、
全面リニューアルしました。
昨年秋のことです。


店頭にメニューが飾ってあります。

10020266.jpg

まさにビストロメニューです。

入口は

10020267.jpg

このような感じ。


中に入ると、

10020268.jpg

まさにビストロです。

料理が始まりました。
最初にパンと一緒にサーディンのリエットが届きます。

10020273.jpg

このパンとリエットがかなりのレベルです。
あまりの旨さについつい手が伸びるのですが、
ここは辛抱です。


前菜はイカのカルボナーラ。

10020269.jpg

イカをまるでタリアテッレのように細く切り、軽い火入れです。
そこにベーコンと卵が絡み、ふんわりとパルミジャーノがかかります。
きちんとカルボナーラに要素は充たしています。
ほら、こんな感じです。

10020271.jpg

かつて「クリヨン」で食したカルボナーラを思い出しました。
その時はメインでしたが。
ともあれ、イカの質、火入れともに素晴らしく、
この一皿は記憶に残っています。


メインは舌平目。
舌平目の細切りに野菜とタルタルと書いていました。
運ばれてきた舌平目を見て驚きです。

10020274.jpg

なんとフライになっていました。

10020272.jpg

加えてタルタルの酸味が独特です。


デザートはクレーム・キャラメル。

10020297.jpg

バニラビーンズもたっぷり入り、しっかり味でした。

気がつけば店内は満席。いい雰囲気です。

ショップカードには
「HOTEL THOUMIEUX」と書いています。
ゆくゆくホテルも作るようですし、
種々の計画が進行しているようです。

なんだかピエージュ氏の実力を見せつけられた感じでした。
当分、二人の動きは注目です。

10020275.jpg


THOUMIEUX
79, Rue Saint-Dominique 75007 Paris
01 47 05 49 75

投稿者 geode : 2010年2月 2日 11:31